旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

本州なのにこの景色。青い海とサンゴ礁が美しい和歌山県串本町

大谷 徳幸
2018/12/15

青い海に広がるサンゴ礁は、まるでファンタジーの世界のような美しさです。日本ならば南方の離島まで足を伸ばさないと出会えない景色…と思いきや、実は本州でも見ることができるんです。

それが本州最南端、和歌山県の「串本町」です。関西ダイバーの聖地とまでいわれる透明度の高い海の魅力を、さっそくご紹介します。

大阪から一番近いサンゴ礁の海「南紀串本」

水中に目を向けると、一面に広がるシコロサンゴの群落が(提供:串本マリンセンター)

大阪から一番近いサンゴ礁の海は、高知?鹿児島?沖縄?答えは、本州最南端の町和歌山県の串本町です。大阪から串本まで、車でも列車でも4時間弱。週末足を伸ばすにはちょうど良い距離です。

青く澄んだ水の中に目を移すと、テーブルサンゴの海が広がっています。

クシハラミドリイシ。サンゴの産卵シーン。2017年7月13日撮影(提供:串本マリンセンター)
ベテランガイドがダイバーをサポートしてくれる

串本は1970年代から関西のダイバーが集まる歴史あるダイビングスポットで、関西ダイバーの聖地ともいわれ、年間3万人のダイバーが訪れます。手軽に水中景観を楽しみたいなら「串本海中公園」の水中展望台グラスボートが便利です。

色あざやかなキンギョハナダイ

でも、スキューバダイビングならさらに思い切りトロピカルな気分が味わえますよ。

初夏に見られる藻類ケヤリとカエルアンコウ

小さな町に20件以上のダイビングショップがサービスを競っており、体験ダイビングを実施するショップも多く、10歳以上であれば誰でも参加できます。用意するものは水着とタオルくらい。最初は浅瀬で練習して、慣れれば水深12mまでの海底散歩を楽しめます。


水中写真家/ドローンパイロット/ライター。1957年大阪生まれ、三重県在住。紙媒体退職後、スキューバ・ダイビング関連の情報を中心にFB、Inなどで海外向けに発信中。

本州なのにこの景色。青い海とサンゴ礁が美しい和歌山県串本町
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
三井住友カード 旅好きが密かに駆使してるクレジットカードの裏ワザ
 その他のエリア 日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」【2018年版】 ★ 1211
 台湾 台湾人に恋した日本の20代女子が、夜の台北でバカになれなかった話 ★ 45
 国内 全国でこんなに違う。飲んだ後ついつい食べちゃう「シメ」のグルメ ★ 159
 全国 【続】地元出身者をイラッとさせる、言ってはいけない一言シリーズ ★ 982
 和歌山 1600羽のフクロウが待つ、和歌山の名所「行列のできるパワスポ郵便局」 ★ 909