旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

日本人が知らない穴場「ミニ国家」。アンドラ&リヒテンシュタインの旅

Haru
2018/12/31

ミニ国家その2「リヒテンシュタイン公国」

image by:Haru

次にご紹介するのは、スイスとオーストリアと国境を接する「リヒテンシュタイン公国」です。日本の小豆島ほどの大きさで、世界6番目に小さな国です。人口は約3万人ほどで、リヒテンシュタインに入るには鉄道かバスを利用します。

首都のVaduz(ファードゥーツ)には5,000人ほどが生活していますが、観光地らしい雰囲気というよりは、本当に人々がのんびりと、ゆったりと生活を送っているというイメージですね。絵本に出てくるような可愛らしい家が立ち並び、その向こうにはアルプス山脈を望むことができます。

image by:Haru

ファードゥーツには美術館お城などがありますが、なによりもお散歩がメインと言うべき国ですね。

image by:Haru

お買い物をしようにも中心地でもあまりお店は多くありませんし、なによりも高い。それでも空気は澄んでいて美味しいですし、街の人々はすれ違う度に「ハロー」と声を掛けてくれる温かさがあります。道を歩けばこんなにかわいいお家だらけです。

車のナンバープレートもかわいい(image by:Haru)

たくさんの人が集まる観光地も良いですが、リヒテンシュタインのような自然の残る素敵な国でぼーっと過ごす時間の贅沢さはたまりません。

ちなみに、リヒテンシュタインにはあまりホテルはありません。最近はB&Bがお値段も抑えられておすすめですが、そのほかのヨーロッパの国に比べると宿泊料金も高いです。それでもまたいつか行きたい!と思わせてくれる雰囲気の国でした。

image by:stifos/Shutterstock.com

今回ご紹介したミニ国家2つは、あまり日本人もおらず、穴場ともいえる国です。定番の海外旅行に飽きた旅上級者の方は、お買い物をするならアンドラへ、自然を満喫したいならリヒテンシュタインへぜひ足を延ばしてみませんか。ヨーロッパの魅力をまたひとつ見つけて、さらに旅が楽しくなること間違いなしですよ。

image by:Jixin YU/Shutterstock.com

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

日本人が知らない穴場「ミニ国家」。アンドラ&リヒテンシュタインの旅
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社KPG HOTEL&RESORT 美しい海を目の前に。愛犬と「アイランド ナガサキ」で過ごす癒し旅
 その他のエリア 日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」【2018年版】 ★ 1210
 台湾 台湾人に恋した日本の20代女子が、夜の台北でバカになれなかった話 ★ 44
 タイ 1ヶ月2万5000円でプール付き。週末プチ移住の穴場はバンコクだ ★ 186
 国内 ビジネスホテルも。日本温泉協会が「オール5」をつけた全国の天然温泉 ★ 171
 ニューヨーク 世界的美術館でさえ、定期的に無料開放するアートな街・ニューヨーク ★ 26