旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

カワイイと思われたい「あざと男子」も。2018年最新パフェ事情

TRiP EDiTOR ニュース
2018/12/07

その華やかな見た目、チョコや旬のフルーツなどさまざまな具がたっぷり乗り、ちょっとした贅沢感も味わえる「パフェ」は、ご褒美スイーツの定番ともいえます。

また北海道のススキノエリアなどで定番化していたお酒のシメにパフェを食べる「夜パフェ」「〆パフェ」のお店が東京・渋谷に2017年後半にオープンし、2018年、トレンドに敏感な若者を中心に話題を集めました。

今回、グルメ検索サイト「ぐるなび」が20〜60代の会員約2,200人を対象に「パフェに関する意識調査」を実施しました。老若男女問わず不動の人気を誇るパフェの新たな発見をご紹介します。

パフェ人気はいまだ健在。パフェ男子急増の傾向も

「パフェが好きですか?」という質問に対し、71.7%の人が「好き」と回答しています。なかでも20代女性83.0%と最も高い傾向に。また男性一番回答が集まったのは50代68.7%です。女性は、年齢が上がるにつれ人気が下がっている傾向にありますが、男性はほぼ逆の結果になりました。

image by:Deniss Grigorjevs/Shutterstock.com

続いて、「パフェを食べること」に対しどのようなイメージを持っているのか調査したところ、約8割の方が、「贅沢な気分が味わえる、安らぎ・癒しを与えてくれると回答しましたが、20代男性の約半数となる44.7%が、「人目が気になる・恥ずかしい」と回答しました。

また、パフェを食べる理由については、20代男性10.6%の方が「パフェを食べている自分が可愛い」と回答する結果に。

恥ずかしいけどそれでもパフェを食べたいと思う生粋のパフェ男子がいる一方で、パフェを食べている自分が可愛いから食べる「あざとパフェ男子」がいることもわかりますね。

トレンドの「夜パフェ」、男性3人に1人が体験済み

image by:Billion Photos/Shutterstock.com

2018年に都内でも流行した、お酒を飲んだ後に食べる「夜パフェ」「〆パフェ」に対しての認知度は「知っている」22.6%となり、さらに体験済みと答えた人は女性よりも男性の割合が高く3人に1人が体験していることがわかりました。

食べたことがないと答えた方からは「食べる機会がなかったから」「飲んだ後位食べると太りそうだから」という声が聞かれ、特に女性から多くの声が上がっています。カロリーや体重を気にして「夜パフェ」「〆パフェ」に挑戦できない女性が多いことがわかりますね。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

カワイイと思われたい「あざと男子」も。2018年最新パフェ事情
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 台湾 台湾人に恋した日本の20代女子が、夜の台北でバカになれなかった話 ★ 43
 国内 いま食べたい日本の絶品「ハンバーガー」、百名店が決定【2018】 ★ 161
 その他のエリア 即リピ買い。中国人がハマった日本の「お菓子」ランキング ★ 87
 全国 うどん県だけじゃない。いま食べたい日本の絶品「うどん」百名店【2018】 ★ 115
 全国 お酒のお供に最&高。いま食べたい絶品「焼き鳥」百名店【2018】 ★ 116
 全国 匂いだけでご飯がすすむ。いま食べたい日本の絶品「うなぎ」百名店【2018】 ★ 152