旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

憧れよりも身近さ。昭和世代と平成世代の海外旅行先を徹底比較

村田由美子
村田由美子
2018/12/27

平成の終わりが近づき、新たな元号が気になる今日このごろ。現在50代を迎える「昭和世代」と20代の「平成時代」は、20代のころに一体どのような旅行をしてきたのでしょうか。

この度、時代によって変化する海外旅行事情を、総合旅行「エクスペディア・ジャパン」が調査しました。世代間でどのような差があるのか、早速チェックしてみましょう。

平成世代のトップ人気は「アジア」。一方、昭和も平成も憧れの旅行先は「ハワイ」

大学生や社会人となり、比較的自由にお金が使えるようになる20代。初海外旅行の体験をする人も多いこの時期に「友だちとの旅行先」として選んだ国をそれぞれの世代へ聞いたところ、平成世代の44%が「台湾やソウルなどのアジア」、昭和世代では「ハワイ」(35%)、「グアムやサイパン」(33%)と回答が集まりました。

台北(image by:f11photo/Shutterstock.com)

昭和世代の「アジア」という回答は、わずか2割未満となっています。K-POPをはじめとするエンターテイメントを通じて爆発的に人気を獲得している韓国をはじめ、現在では年代を問わず人気海外旅行先ランキングの上位を占めるアジアの国々は、平成を迎えてから躍進した旅行先といえます。

image by:Pavel Ilyukhin/Shutterstock.com

しかし「ハネムーンの行き先」「憧れの旅行先」という質問には、世代を問わず「ハワイ」が1位に。美しき楽園今であるハワイは、今も昔もその人気は不動のようです。

 

「20代の時の海外旅行はグループもしくは一人?」という質問では、昭和世代は82%もの人が「グループ旅」と回答。しかし平成世代では「一人旅」に35%の支持が集まり、一人旅に抵抗がない人が増えていることがわかります。

スマホでの情報取得や予約のしやすさなど、進化による海外旅行へのハードルが下がっていることも加わり、平成世代は幼い頃から海外旅行を経験している人も多く、1人での海外旅行にも慣れているようですね。

海外旅行の必需品」にという質問にも、昭和世代は「ガイドブック」平成世代は「スマートフォン」と大きな差がありました。「海外旅行の予約方法」でも、店舗予約にとって代わり、ネット予約が当たり前となっていることが表れています。

さらに技術の進化などが予想される新たな年代には、現在の平成時代の感覚すらも過去のものになっていくかもしれません。ますます身近なものとなる海外旅行、新旧世代で仲良く冒険の旅を企画してみてはいかがでしょうか。


source:PR TIMES

image by:tomas del amo/Shutterstock

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

ライター歴14年。美容師として働いていた時に出会った映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に多大な影響を受けライターへと転身、多数の現場取材やインタビューを行う。海外プレミア/レッドカーペット・イベントへ足を運ぶことがライフワーク。

憧れよりも身近さ。昭和世代と平成世代の海外旅行先を徹底比較
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 海外 裏ピースは侮蔑の仕草……海外で日本人がしがちなNG行動 ★ 318
 その他のエリア こういうのでいいんだよ。年末年始は「ひとり」で楽しみたい人の行動 ★ 115
 国内 日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」【2019】 ★ 1437
 その他のエリア 10連休、ホントに嬉しい?2019年のGWに関する意識調査 ★ 52
 海外 2019年のGW、10連休確定。予約殺到の海外旅行先はどこ? ★ 20