旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

裏ピースは侮蔑の仕草……海外で日本人がしがちなNG行動

赤池リカ
赤池リカ
2018/12/19

格安航空の増加に伴い、海外旅行へのハードルが低くなり、誰でも気軽に行けるようになってきましたね。年末年始には連休を利用して海外へ行こうと計画を立てている方もいるのではないでしょうか。

楽しい海外旅行ですが、気を付けなければならないのは、現地でのマナーです。日本では常識と思われていた仕草も、海外では人を罵る表現だったりする場合もあります。今回、gooランキングで「海外でのNGな行為」についてのランキングが発表されました。驚きのNG行為が盛りだくさんです。ではさっそく紹介していきます。

第10位:ギリシャ「相手にパーの状態を見せる」

image by: imtmphoto / Shutterstock.com

日本では、「バイバイ」と手を振る時によく、手のひらを相手に向けることがありますが、ギリシャでは、良い印象を与えません。「顔に泥を塗る」という意味があり、相手を侮辱した捉え方をされてしまいます。

悪気が無いのは分かっていても相手からすると気持ち良い行為では無いですよね。旅行先で「おーい」と人を呼ぶときなどは、手をパーにしがちなので、特に注意した方が良いでしょう。

第9位:フランス「人差し指と親指で丸を作り、残りの指を伸ばしたしぐさ」

日本で言う「OKサイン」の仕草です。日本では、お金を表現するときや、了承した時に気軽に使用します。フランスでは「ゼロ」を示すと捉えられ、「無能」「役立たず」と言う意味が込められているそうです。

写真を撮ってもらうようにお願いし、「大丈夫?」と聞かれ、写真の確認をした後に思わずOKサインをしてしまいそうですね。感謝のつもりでした仕草でも、相手側からは逆の意味で捉えられてしまうので注意が必要です。また、南米でも人を侮辱する仕草とされているので、海外では使用しな方が良いでしょう。

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

裏ピースは侮蔑の仕草……海外で日本人がしがちなNG行動
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 和歌山 ロマンチックが止まらない。和歌山県串本町が「恋する灯台のまち」に認定 ★ 34
 スペイン 人が芸術になる瞬間。「メルセ祭り」で限界を超えた美しさを見てきた ★ 35
 海外 やっぱ一人がいいよね。年末年始「おひとりさま」人気海外旅行先 ★ 784
 海外 海外旅行の中上級者はどこへ行く?「リピート旅」調査結果 ★ 542
 栃木 ロード好きよ、栃木県北へ集まれ。地元愛を体感するサイクリング旅 ★ 30