旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

裏ピースは侮蔑の仕草……海外で日本人がしがちなNG行動

赤池リカ
赤池リカ
2018/12/19

第7位:中国「小指だけを立てるしぐさ」

日本では恋人や、赤い糸など明るい印象が持たれている小指。指を立てる仕草で、親指は「親分、ボス」と表現され、 親指と最も離れた小指は「小者、役立たず」と言う意味を秘めているそうです。

外国人の前で小指を立てる仕草はあまりしませんが、飲み物を飲むとき小指を立てる癖がある方は気をつけた方がいいかもしれません。小指を立て飲み物を飲んでいる時にふと、近くの人に目が合うと、 侮辱されていると勘違いし怒ってくる方もいるかもしれません。

第7位:イギリス・オーストラリア「裏向きでVサインをする」

 

写真を撮る時によくするピースサイン。最近若者の中でピースを逆にし、手の甲を相手側に見せる「裏ピース」で写真を撮る人が増えています。

しかし、イギリスやオーストラリアで、裏ピースは侮辱行為を表現しており、日本で言う中指を立てる行為と同じように捉われてしまいます。写真をお願いしたときなどに、レンズを通して裏ピースが見えると不快に思う現地の方もおられるので、注意が必要です。

第6位:カナダ「小銭を大量に使う」

image by: Chris971 / Shutterstock.com

カナダでは、買い物の際に小銭を使いすぎることを法律で禁止しています。厳密には10ドル以上の支払いの際、硬貨のみの支払いをお店側が拒否できる権利があるそうです。どうしても硬貨しか持っていない場合は、事前に店員さんに了承を得た方が良いでしょう。

また、カナダの一部のでは100ドルの使用を断られる場合もあります。日本では1万円を持ち歩くのは普通に感じますが、カナダでは大金とされ、「20ドル以下の紙幣で払って欲しい」と言われることがあるそうです。

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

裏ピースは侮蔑の仕草……海外で日本人がしがちなNG行動
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 和歌山 ロマンチックが止まらない。和歌山県串本町が「恋する灯台のまち」に認定 ★ 34
 スペイン 人が芸術になる瞬間。「メルセ祭り」で限界を超えた美しさを見てきた ★ 35
 海外 やっぱ一人がいいよね。年末年始「おひとりさま」人気海外旅行先 ★ 784
 海外 海外旅行の中上級者はどこへ行く?「リピート旅」調査結果 ★ 542
 栃木 ロード好きよ、栃木県北へ集まれ。地元愛を体感するサイクリング旅 ★ 30