旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

クリスマスに元彼からの電話……渋谷の中心でカモられた聖なる夜

ミズサワ カノン
2018/12/22

帰路にさらなる悲しみが待ち構えていた

無事、ユウスケを池尻大橋の自宅へ送り届け、謎のシェアハウスに女性がたくさんいることを目撃してしまったミズサワ。帰り道、朝5時まで営業していて街道沿いにあるため重宝されている家系ラーメン店「濱壱家」でヤケ食いをしつつ、実家に向かった。

濱壱家さんは千家系列の家系なので、ネギラーメンがマストですよ(image by:ミズサワ)

ミズ:渋谷からだと自宅より実家の方が近かったので、横浜の実家に戻ることにしたんです。帰路は気を張っていたので安全運転だったんだけど…

編S:あー、なんかやりました?

ミズ:やりましたね…自宅に着いて普通に車庫入れを終えたのに、何を思ったのかもう一度入れ直して、実家の門扉にガリガリガリッと。ちなみに母が育てていた「カネノナルキ」の鉢植えもぶっ潰しました。

縁起物として「成金草」とも言われる(image by:Sandra Pohl/Shutterstock.com)

ミズ:クリスマスに車も家も壊してしまい絶望感から1時間ぐらい車外に出られなかったです。何より実家の母は車の運転にめちゃくちゃ厳しい人なので、これ、報告したら昼まで叱られるなと。

意を決して自宅に入ると、薄暗いリビング、ソファーの定位置に腕を組んでミズサワを待ち受ける母の姿。まるでというか、完全に鬼のたたずまいだが、とにかく自分が悪いので説明し謝らなければならない。

こちらは登別の青鬼(image by:WAN CHEUK NANG/Shutterstock.com)

「実はあの…まぁまぁ信頼していた元カレに…されて…動揺してしまって、本当に…すみませんでした…」

動揺してしどろもどろになる娘の姿にウソはないと感じたのか、普段見たことがない複雑な表情をした母は「まぁアンタも大人になったね…そういう時はそもそも車を置いて帰ってきなさい」とだけ言い、解放してくれた。

編S:親の勘やさしさですかね…。


ミズ:親ってすごいですね…後にも先にも、叱られずに終えたのはこの件しかないです。ちなみに、彼はその後、仕事も辞めてどこかへ行ってしまったようで、共通の友人も誰も現在の状況を知らないようです。

編S:その後の話も結構切ないですね。でも、そんなに濃い思い出があると、渋谷という街への思い入れも強くなりそうですね。

image by:kuremo/Shutterstock.com

ミズ:そうですね、10代のころと比べたら訪れる回数は減りましがた、渋谷はいまだに大好きな街です。一般的なイメージだと渋谷は若者の街だと思いますが、実際に過ごしてみると老若男女でにぎわうボーダーレスな街で楽しみがいがある場所だと思いますよ。

ちょっと切ない、または面白いストーリーがすぐそばに転がっているような、独特な雰囲気を持つ渋谷の夜。一度体験してみてはいかがでしょう。

image by:jennagenio/Shutterstock.com

※使用写真はすべてイメージです。

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

神奈川出身川崎市出身。平成生まれの編集ライター。普段は紙媒体で編集をしています。お酒とカメラにお金を使いすぎて、取材以外はすき家のチーズ牛丼がごちそうです。

クリスマスに元彼からの電話……渋谷の中心でカモられた聖なる夜
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ
 台湾 台湾人に恋した日本の20代女子が、夜の台北でバカになれなかった話 ★ 50
 韓国 もしも短期留学中に恋をしたら…韓国人と日本人女性に起きたすれ違い ★ 34
 国内 ここの郷土料理は美味しいと思う「都道府県ランキング」TOP10 ★ 433
 国内 ヨーロッパのクリスマスを日本で体験。都内近郊の三大「クリスマスマーケット」 ★ 111
 その他のエリア イマドキの学生旅・卒業旅行、国内&海外の人気エリアはどこ? ★ 27