旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

カイゼン、センパイ、スコシ……海外で通じるようになった意外な日本語たち

TRiP EDiTOR編集部 k
2019/01/12

海外旅行へ行くと、お店の看板などでSushi(寿司)やSake(日本酒)、Ramen(ラーメン)などの日本語を見かける機会もあり、浸透していることが分かりますよね。最近では日本のアニメブームもあり、Kawaii(かわいい)やOtaku(オタク)など世界的に日本語が共通語化しているみたいです。

海外で意味が通じる意外な日本語ランキング

例えば、1960年代に坂本九さんの名曲「上を向いて歩こう」がイギリスで「SUKIYAKI」というタイトルでアレンジ発表されました。その後、オリジナル版のレコードがアメリカでも「SUKIYAKI」タイトルで発売され大ヒットを記録。このような海外で通じる日本語は、他にどんな言葉があるのでしょうか?

スペイン イビザにある寿司レストラン image by: simona flamigni / Shutterstock.com

今回、ポータルサイトのgooが「海外で意味が通じる意外な日本語」を男女500人にアンケート調査を実施しました。一体どんな日本語が選ばれたのでしょうか。票数が同数のため第9位からご紹介していきます。

第9位:セーラームーン 46票

image by: Soundaholic studio / Shutterstock.com

子供の頃にテレビで見ていたという女性も多いのではないでしょうか。『美少女戦士セーラームーン』は、みなさんお馴染みの1990年代に放送されたアニメです。トレードマークの赤いリボンとミニスカートは印象的で、日本以外でも放送されていました。

ロシアのイベントにて image by: Nataly Mayak / Shutterstock.com

外国での認知度も高いようで、海外のコスプレイヤーにも人気です。

第9位:改善 46票

image by: Shutterstock.com

日本のビジネスシーンでよく耳にする「改善」というワード。実は「kaizen」という言葉は日本企業の海外進出によって浸透し始めました。

企業が海外へ進出すると現地に住む人たちを雇用しますよね。しかし「より良いものにしていこう」という日本らしい価値観や考え方を英語で表現することができなかったため、そのままの言葉で使われ始めたのだとか。ビジネス用語として知られているみたいですね。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

カイゼン、センパイ、スコシ……海外で通じるようになった意外な日本語たち
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
三井住友カード 旅好きが密かに駆使してるクレジットカードの裏ワザ
  「触れあい・体験」を重視。2018年秋、家族で出かけたい観光スポットTOP3 ★ 89
 全国 【決定】日本人が最も住みたい田舎ランキング、総合1位は鳥取市 ★ 1814
 全国 【続】地元出身者をイラッとさせる、言ってはいけない一言シリーズ ★ 982
 全国 東京の食パン薄すぎ…関東と関西の違い「あるある」ランキング ★ 600
  1位はなんと福井。いま気になる人気急上昇中の都道府県ランキング ★ 70