旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

1位はなんと福井。いま気になる人気急上昇中の都道府県ランキング

TRiP EDiTOR ニュース
2018/11/28

南は紅葉が残り、北は雪がチラつく日本の11月〜12月は、旅行に最適な季節です。しかし旅行先の人気は、その時々の流行や時代背景などで変わります。2018年の国内の旅行先は一体どこが人気なのでしょうか。

旅行予約サービス「楽天トラベル」は、2018年10月1日から11月30日の約2カ月間の国内旅行の予約人泊数をもとに、「2018年 秋の国内旅行 人気上昇都道府県ランキング」を発表しました。さっそく、ご紹介します。

伸び率前年同期比24.2%増で福井県がトップに

  • 第 5位 滋賀県(前年同期比17.3%増)
  • 第4位 千葉県(前年同期比18.4%増)
  • 第3位 沖縄県(前年同期比19.9%増)
  • 第2位 鳥取県(前年同期比22.4%増)
  • 第1位 福井県(前年同期比24.2%増)

5位には前年同期比17.3%増で「滋賀県」が、そして4位には同18.4%増で「千葉県」がランクインしています。

image by:dreamsky/Shutterstock.com

3位の「沖縄県」は、昨今の「ひとり旅」の流行からか、男性1名での予約が好調で、2017年同期比で28.3%増と好調な伸び率を示しています。県内の地域では名護、本部、今帰仁、恩納エリアが同22.4%も増加しています。

image by:unterwegs/Shutterstock.com

この背景には、沖縄県名護で2018年11月10日~11日に開催されたサイクルスポーツイベント「ツール・ド・おきなわ」などがあったためではないでしょうか。

image by:phichak/Shutterstock.com

2位の「鳥取県」は、子ども連れの予約が前年同期比で38.6%増加しています。さらに地域別で見てみると、米子・皆生温泉・大山では、子ども連れ予約が前年同期比で50.3%増と大幅な伸び率を占めています。これは境港市大正町の「水木しげるロード」が7月にリニューアルオープンしたことが大きいのではないでしょうか。

image by:vichie81/Shutterstock.com

そして、第1位の「福井県」は、女性複数名での予約が前年同期比でなんと84.3%増加しています。また、女性1名での予約も同71.9%増加しています。今回の調査ではこのように女性の旅行がけん引し、1位に輝きました。

福井県は最近、人気漫画テレビドラマの舞台にもなっており、それが女性人気につながったのかもしれませんね。

福井県の人気急上昇とは少し意外でしたが、福井県は日本総合研究所の「全47都道府県幸福度ランキング2018年度版」では幸福度ランキングトップになっています。また、日本一の「越前がに」も有名で、グルメ好きにはたまらないスポットです。そんなところも人気上昇につながったのかもしれませんね。

source:PR TIMES

image by:M Andy/Shutterstock.com

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

※内容に誤りがあったため、一部修正いたしました。(2018年11月28日)

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

1位はなんと福井。いま気になる人気急上昇中の都道府県ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 台湾 台湾人に恋した日本の20代女子が、夜の台北でバカになれなかった話 ★ 43
 その他のエリア 日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」【2018年版】 ★ 1178
 国内 予算相場は?東西の「横綱」温泉はどこ?温泉旅行の目的地を決めるポイントを調査 ★ 68
  既婚者の約9割が「友だちと旅行したい」、男子・女子旅のホンネ調査 ★ 116
 国内 日本の「ウユニ塩湖」は香川県にあった。世界の絶景そっくりスポット ★ 512