旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

1月下旬〜3月が見ごろ。冬だけの絶景、山形・蔵王の美しき樹氷

Haru
2019/01/19

蔵王の樹氷、見ごろはいつ?

蔵王の樹氷は例年12月ごろから形成が始まります。暖冬だと1月中旬頃までは形成が十分でないことがあるので、基本的に見ごろと言われるのは、1月下旬から3月上旬あたりになります。

image by:weniliou/Shutterstock.com

しかし3月になると気温が上がって樹氷が溶けてしまったり、雨が降って崩壊してしまうこともあります。そのため、最盛期の樹氷を見るのであれば、1月下旬から2月下旬までがおすすめです。

格別に美しい樹氷を見られるタイミング

image by:weniliou/Shutterstock.com

ベストシーズンの中でも、特に美しい姿の樹氷を見ることができるタイミングが「吹雪後の晴れた日」です。

吹雪が来ると樹氷に付着した雪が多くなり、樹氷がさらに大きく成長します。雪が付いたばかりの樹氷はゴツゴツしたフォルムながら表面は滑らか。吹雪が去った青空に巨大な樹氷がズラリと並ぶ姿は圧巻です。

image by:CHEN MIN CHUN/Shutterstock.com

なお、蔵王では蔵王ロープウェイに乗って意外と気軽に樹氷を見に行くことができます。スキーやスノーボードをする場合、樹氷のすぐ脇を滑ることも可能です。

さらに2019年3月3日(日)まで、蔵王ロープウェイでは樹氷のライトアップも実施中。ナイトクルーザー号もあり、樹氷を間近に体験することができますよ。

天候、環境によって左右される、自然の芸術とも言える「樹氷」が並ぶさまは、一生に一度は生で見たい絶景です。現地はとても冷え込むので防寒対策をしっかりして、冬にしか見ることができない幻想的な世界をぜひ楽しんでみてくださいね。

image by:YOROZUYA/Shutterstock.com

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。


現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

1月下旬〜3月が見ごろ。冬だけの絶景、山形・蔵王の美しき樹氷
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 国内 死ぬまでに一度は行きたい。日本の美しき「世界遺産」人気ランキング ★ 360
 静岡 【神秘】西伊豆で見つけた「青の洞窟」と「東洋のモンサンミッシェル」 ★ 48
 埼玉 30秒ですぐ絶景。埼玉の秘境「三波渓谷」で出会った神秘的な景色 ★ 120
 栃木 88段の階段の先に広がる絶景。那須塩原が誇る明賀屋本館の川岸露天風呂 ★ 127
 福井 「水ようかん」は冬の名物?福井の不思議なスイーツの常識 ★ 42