旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

1月下旬〜3月が見ごろ。冬だけの絶景、山形・蔵王の美しき樹氷

Haru
2019/01/19

冬だからこそ見ることができる、白銀の美しい世界。その神秘的な光景を見に出かけるのも、冬ならではの一大イベントです。日本は各地に美しい冬景色がありますが、その中でもさまざまな自然条件を満たさないと見ることができない「樹氷」は、感動すら呼ぶ奇跡の風景です。

世界的にも珍しい樹氷ですが、日本では山形県の「蔵王」で見ることができます。さっそく、その魅力と見ることができるタイミングを紹介します。

樹氷を見るにはどのような条件が必要なのか

image by:Bilanol/Shutterstock.com

樹氷とは、霧粒が樹木に吹き付けられて付着、さらに凍結することによりできるものです。木の枝に水滴がついて凍った「白い氷」といえば、わかりやすいかもしれませんね。

基本的に、マイナス5度以下で風が当たる部分が樹氷として大きく成長していきます。羽毛状かつ繊維状の構造を持ち、気泡を含んでいることから白色不透明なのが特徴です。また氷のでき方によって種類が分けられ、樹霜、樹氷、粗氷の3種があります。

image by:YOROZUYA/Shutterstock.com

樹木についた樹氷が大きく成長していくと、その見た目から「スノーモンスター」と呼ばれることがあります。そして山形県の蔵王では、そのモンスターを見ることができる貴重なエリアとしても有名なのです。

なぜ蔵王では樹氷が現れるのか

image by:withich/Shutterstock.com

気温、風などの条件が重ならなければ見ることができないため、世界的にも珍しいといわれている樹氷ですが、山形の蔵王は世界中から観光客が訪れるほど有名です。しかし、自然豊かな日本なら、ほかの地域でも見ることができそうなのに、なぜ蔵王なのでしょうか。

image by:Japan Explorers/Shutterstock.com

実は、樹氷が作られるための条件がしっかりそろっている場所が蔵王なのです。蔵王に自生している樹木は常緑針葉樹が多く、落葉広葉樹より雪がつきやすいことが特徴です。また、強風が常に一定方向に吹き、一瞬で凍る水、つまり「過冷却水滴」と多くの雪が運ばれ、木々に付着し樹氷となります。

さらに蔵王は樹氷が付いた木々が埋まらない程度に適度な積雪量の地域であるため、樹氷が大きく成長しやすい環境になっています。


現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

1月下旬〜3月が見ごろ。冬だけの絶景、山形・蔵王の美しき樹氷
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 国内 生きてるうちに一度は行きたい。日本の美しき「世界遺産」人気ランキング ★ 614
 静岡 【神秘】西伊豆で見つけた「青の洞窟」と「東洋のモンサンミッシェル」 ★ 48
 埼玉 30秒ですぐ絶景。埼玉の秘境「三波渓谷」で出会った神秘的な景色 ★ 120
 栃木 88段の階段の先に広がる絶景。那須塩原が誇る明賀屋本館の川岸露天風呂 ★ 130
 福井 「水ようかん」は冬の名物?福井の不思議なスイーツの常識 ★ 42