旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

江戸情緒あふれる、いまもなお美しい「宿場町」7選【2019】

ニッポン津々浦々
ニッポン津々浦々
2019/01/30

江戸時代まで振り返ると、東海道や中山道といった街道があり、その街道には一定の区間をおいて設けられた宿場がありました。そしてその宿場を中心に栄えたのが「宿場町」です。

日本には、いまでもその宿場町の名残を残す町がいくつもあります。そこで今回は、ノスタルジーあふれる魅力ある各地の宿場町をご紹介します。

中山道34番目・木曽路「奈良井宿」/長野県

image by:長野県観光機構

長野県塩尻市奈良井にある中山道・木曽路「奈良井宿」は、日本最長の宿場町です。その長さは中山道沿いに南北約1km、東西約200mにわたっています。

南北両端には神社が、町並みの背後の山裾に五つの寺院(奈良井五ヶ寺)が配されています。そして、街道にそって南側から上町、中町、下町の三町に分かれています。

木曽路氷雪の灯祭り image by:長野県観光機構

木曽11宿の中では最も標高が高く、難所の鳥居峠を控え、多くの旅人で栄えた宿場町は「奈良井千軒」と謳われました。NHK連続テレビ小説『おひさま』のロケ地として使用されたこともあります。

そして、現在も重要伝統的建造物群保存地区として、当時の町並みが大切に保存されています。

中山道42番目・木曽路「妻籠宿」/長野県

image by:長野県観光機構

まずは、日本で初めて町並保存に取り組んだ町でもある、長野県の長野県木曽郡南木曽町にある中山道・木曽路「妻籠宿」です。街道沿いにある江戸時代の家並保存、総面積も日本一を誇ります。

そのいち早い姿勢が評価され、1976年には国の重要伝統的建造物群保存地区最初の選定地のひとつに選ばれています。

木曽路氷雪の灯祭り image by:長野県観光機構

妻籠住民は保存をすべてにおいて優先させるために、妻籠宿と旧中山道沿いの観光資源(建物・屋敷・農耕地・山林等)について、「売らない」「貸さない」「こわさない」の三原則を貫くことを決めています。


現在も妻籠住民によって住民憲章は守られており、江戸時代の宿場町の町並みの風情が見事に保存されています。

中山道43番目・木曽路「馬籠宿」/岐阜県

image by:(一社)岐阜県観光連盟

馬籠宿は妻籠宿から馬籠峠を越えたところにあります。この街の特色は道路が南北に、急な山の尾根に沿っていることです。その急斜面の両側に石垣を築いて屋敷が建てられています。

石畳の両側にお土産物屋がならび、一般の家でも当時の屋号を表札のほかにかけるなど、史蹟の保全に力を入れています。

image by:(一社)岐阜県観光連盟
image by:(一社)岐阜県観光連盟

また、文豪・島崎藤村ふるさとであることでも知られています。小説『夜明け前』舞台でもある馬籠宿は、木曽11宿の最南端、美濃との国境にあり、山の斜面に沿った全長600mあまりの「坂に開けた宿場」なのです。

ちなみに、馬籠宿はもともとは長野県に属していましたが、2005年の越県合併により、現在の岐阜県中津川市に編集されています。


北国街道「海野宿」/長野県

image by:長野県観光機構

長野県東御市にある北国街道 海野宿は、江戸時代の旅籠屋造りや、茅葺き屋根の建物と、明治以降の堅牢な蚕室造りの建物とがよく調和して伝統的な家並みを形成しています。

image by:長野県観光機構

道の中央には用水が流れており、その両側に立ち並ぶ格子戸のはまった美しい家並みは、まさに歴史を感じさせてくれます。

また、海野宿の産土神である白鳥境内の社そうの中央にあるケヤキの木は樹齢700年を超えており、神社の歴史を物語ります。

東海道(53次47番目)「関宿」/三重県

image by:photolibrary

三重県亀山市にある東海道 関宿は、東海道五十三次の47番目の宿場町として栄え、いまなお当時の雰囲気が残されています。

ここには江戸時代後期から明治時代にかけて建てられた町家200棟以上も現存しており、1984年には国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、さらに、1986年には日本の道百選に選定されています。

会津西街道 大内宿/福島県

image by:(公財)福島県観光物産交流協会

福島県南会津郡下郷町にある会津西街道 大内宿は、かつては、会津若松と日光・今市を結ぶ南山通り(会津西街道)の宿駅のひとつとして栄えた宿場町です。寄棟造りの建物が道路と直角に整然と並べられています。

image by:(公財)福島県観光物産交流協会

民宿のほか、土産物屋や蕎麦屋などが多数立ち並んでいます。特に蕎麦は、「高遠そば」の名で有名で、箸の代わりにネギを用いて蕎麦を食べるユニークな風習があります。

若狭鯖街道「熊川宿」/福井県

image by:photolibrary

福井県三方上中郡若狭町にある若狭鯖街道 熊川宿は、街道に面して多様な形式の建物が建ち並んでいます。

街道と棟が平行な平入(ひらいり)、対して直角な妻入(つまいり)、そして土蔵や付属屋など、まったく形式の異なる建物が混在していすが、それらすべてが調和し、美しい家並みを形成しています。

また旧街道に沿って水路が流れており、石橋や水利施設などが点在しています。

日本の歴史を感じる古い景観が残る町並みを見ると、なんとなく心が落ち着きますよね。今回ご紹介した宿場町は、まさにそんな日本人の原点に返ることができる景観を見せてくれますよ。ぜひ一度、訪れてみてくださいね。

image by:(公財)福島県観光物産交流協会

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

本業は某百貨店などのグルメ系イベント企画。日本全国をめぐりすぎて詳しくなってしまったため、紙・Webなど幅広くグルメ・旅行ライターをやっています。

江戸情緒あふれる、いまもなお美しい「宿場町」7選【2019】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 関東 500円でどこ行こう。都内近郊、ワンコインで楽しむスポット10選  ★ 111
 名古屋 コーヒー代だけでここまで豪華!うらやましい名古屋モーニング10選 ★ 172
 京都 あの秀吉も食した極上和菓子も。京都の美味しい門前菓子10選 ★ 120