旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

2019年は5/3から。ド迫力の凧揚げが必見の「浜松まつり」

Haru
2019/04/16

毎年ゴールデンウィーク(以下、GW)のタイミングに、各地でさまざまなイベントが開催されますが、そのなかでも古くから地元で愛され、熱く盛り上がるのが、静岡県の「浜松まつり」です。

「浜松まつり」は別名「凧揚げまつり」とも呼ばれるほど、空を悠々と泳ぐ凧揚げが有名です。なかでも凧同士で戦い相手の糸を切らせる「ケンカ凧」は迫力たっぷりで、その熱気に圧倒されるようなエネルギッシュさ。

2019年の浜松まつりの開催日は5月3日から5日まで。GWに静岡県に訪れるならぜひとも体験したい、その魅力に迫っていきます。

実は非常に歴史深い「浜松まつり」

image by:(公財)浜松・浜名湖ツーリズムビューロー

浜松まつり」は、いまからおよそ450年ほど前の1558年から1569年くらいに始まったとされる、非常に歴史深いお祭りです。その当時浜松を治めていた城主が長男誕生を祝い、凧を高くあげたことが凧揚げの起源であるとの一説もあるほどです。

凧揚げは江戸時代にかけて町民たちに多く知られて定着してゆき、明治になると巨大な凧同士で戦う凧合戦が本格化しました。また長男が誕生した際に成長を願い凧を揚げる「初凧」の風習も、浜松から遠州地方に広がっていったといわれています。

浜松では第二次世界大戦後にも凧揚げが続き、1950年に改めて「浜松まつり」と命名されました。戦前は約40~50の町が参加していたそうですが、近年では3倍以上、170を超える町が参加しています。そしていまもなお、老若男女参加する浜松市民の一大イベントとして愛されています。

みどころ満載の「浜松まつり」のポイント

1.迫力満載の凧揚げ合戦

image by:静岡県観光協会

浜松まつりといえば、やはり凧揚げ合戦は外せません。大空高く舞う凧は圧巻ですが、ここでの見どころは「糸切合戦」。町内会ごとに用意された大凧ですが、各町がお互いの凧糸を絡み合わせ、糸を断ち切り戦います。

image by:(公財)浜松・浜名湖ツーリズムビューロー

町衆たちが巧みな糸さばきで相手の糸を切っていくのですが、空中では大凧の糸が絡み合い、地上では町衆がぶつかりあっているので、とても熱気があり迫力満載。見ているだけでも興奮してくるような見ごたえある合戦です。

ちなみに、糸切合戦のほかに初子の誕生を祝う「初凧」も揚がります。大空高く舞う大凧の姿は圧巻ですよ。


2.御殿屋台引き回し

image by:(公財)浜松・浜名湖ツーリズムビューロー

浜松まつりは開催期間の夕方から、浜松市の中心部で「御殿屋台の引き回し」が行われます。御殿屋台というのは、各町が趣向を凝らした豪華で精巧な彫刻などを施した屋台(祭車)で、ぐるりと町内をめぐること。

image by:(公財)浜松・浜名湖ツーリズムビューロー

豪華絢爛な御殿屋台の上には太鼓や笛などを奏でるこどもたちの姿もあり、勇ましくも可愛らしいその光景にほっこりします。80台近くの御殿屋台を浜松市中心部で引き回すので、迫力もたっぷり。まつり気分が一気に盛り上がること間違いなしです。

3.そのほかのイベントも充実

image by:(公財)浜松・浜名湖ツーリズムビューロー

開催期間中の浜松市中心部では、音楽フェス、大道芸スペシャル、ミスコンなどが開催され、こちらも見どころが多くそろっています。特に鍛冶町・広小路通り、ザザシティ中央広場、アクトシティなどがイベント会場になっているので、スケジュールを確認しながら散策してみてはいかがでしょうか。

ちなみに凧揚げ会場となる「中田島会場」には一般用駐車場がなく、国道一号線以南は交通規制区域になるため、注意が必要です。また開催期間中に無料で停められる飯田公園臨時駐車場は約1,200台まで、時間も午前8時から午後4時までとなっているので、初体験でとにかく安心して楽しみたい場合は、JR浜松駅からシャトルバス(大人280円)で中田島会場へ向かうことをおすすめします。

せっかくの長期休暇、浜松であれば都内からも日帰り参加が可能です。ぜひ、GWのお出かけ先候補として、チェックしてみてくださいね。

  • 浜松まつり
  • 凧揚げ会場:中田島会場/御殿屋台・そのほかイベント:市中心部会場
  • 浜松
  • 開催期間:2019年5月3日〜5月5日
  • https://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/

image by:静岡県観光協会

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

2019年は5/3から。ド迫力の凧揚げが必見の「浜松まつり」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい