旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

平成30年分の年齢差でもギャップはなし。「卒業旅行」調査

村田由美子
村田由美子
2019/03/10

学生が卒業という大イベントを迎えるこの季節。学生時代の最後の思い出作りとして、素敵な卒業旅行を計画されている方も多いのではないでしょうか。

この度、旅行情報誌「じゃらん」が「平成30年分」の年の差がある大学生と大人世代の2世代を対象に「卒業旅行」に関するアンケートを実施しました。

平成最後の春を目前に、世代間にギャップはあるのでしょうか?さっそく、その結果を紹介します。

世代間ギャップは意外にもゼロ!半数以上が国内1回の旅行を計画

卒業旅行」について振り返ってもらった結果、大人世代も大学生も半数以上が「卒業旅行に行く」と回答しています。

約30年前という、まさにバブル真っ只中だった世代は豪華に旅行三昧だったのではないか?という予想に反し、いまも昔も「卒業旅行」に関しては同様の傾向にあることが判明しました。

卒業旅行に行った回数」についても、半数以上が「国内1回」と回答。ここでも年代の差は感じられない結果となりました。

そんななか、卒業旅行を予定している大学生の約30%が「国内・海外2回以上」と回答しています。友人やサークル仲間など、2~6人ほどのグループで数回の旅行計画を立てているようです。メンバーが変わっての旅行も、それぞれとても楽しそうですよね。

続いて、関東在住の大学生に「卒業旅行で行く予定のエリア」について聞いたところ、東京都が1位を獲得しました。

近場でありながら、さまざまなエンターテインメントを楽しむことができ、最新のグルメやお出かけスポットを中心に、SNSで話題の“映える”スポットなど見どころが多いため、卒業旅行でも人気になったと考えられます。


また2位の沖縄県はリゾート気分を満喫することができることから、安定した支持が集中しました。

image by:MI7/Shutterstock.com

3位の神奈川県は横浜や鎌倉周辺などの人気観光エリア、千葉県は周年イベントがフィナーレを迎える大人気のテーマパーク「東京ディズニーリゾート」が人気を後押しする結果となっています。

多くの方が「国内旅行1回」という結果でしたが、全国各地には美しい景色や地元ならではのグルメが魅力の場所もたくさんあります。また、長期の旅行計画が立てられるのも卒業旅行の醍醐味です。

このチャンスに、一生の思い出に残る旅を企画してみてはいかがでしょうか。

source:PR TIMES

image by:Hit1912/Shutterstock.com(江ノ電)

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。 

ライター歴14年。美容師として働いていた時に出会った映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に多大な影響を受けライターへと転身、多数の現場取材やインタビューを行う。海外プレミア/レッドカーペット・イベントへ足を運ぶことがライフワーク。

平成30年分の年齢差でもギャップはなし。「卒業旅行」調査
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
三井住友カード 旅好きが密かに駆使してるクレジットカードの裏ワザ