旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

より楽しい連休を。2019年GW「女子会」におすすめの過ごし方TOP5

村田由美子
村田由美子
2019/04/14

休日となる人が多いゴールデンウィーク(以下、GW)は、忙しくて普段はなかなか会えない友達とのんびり過ごせるチャンスです。地元に帰省して懐かしい顔と再開したり、上京してきた友だちと合流して遊びに出かける予定だったりと、すでに計画済みの方もいるかも知れませんね。

この度、女性向けサイト「OZmall」が、936人を対象に調査した結果から「連休の女子会におすすめの過ごし方ランキング」を発表しました。読者アンケートで判明した、リアルなGWのお出かけ・女子会事情をランキング形式でご紹介します。

思いっきりラグジュアリーでリッチなグルメやBBQ、時間制限なしの飲み放題も

  • 第1位 グルメを堪能する 397人
  • 第2位 BBQをする 221人
  • 第3位 お酒を楽しむ 219人
  • 第4位 旅行をする 208人
  • 第5位 マチを散策する 128人
image by:aqil tahirli/Shutterstock.com

「GWの女子会でやりたいことといえば?」という質問に対し、第1位は「グルメを堪能する」になりました。「普段会えない分、思いきり食を堪能しながらストレスを発散したい」「いつものご褒美にリッチなランチを堪能したい」と、ゆっくりと会えるタイミングだからこそ、美味しいものを堪能したいという声が多く見られました。

特に初夏を迎え、夜でも暖かくなってきたりと風が心地よいテラス席でグルメを楽しむのも、GWの女子会にぴったりですね。

そのほかにも、プールサイドの楽園のようなロケーションや、レインボーブリッジと東京タワーを望む絶景テラス、のんびり過ごせるソファ付きテラスなど、フォトジェニックな空間で楽しめる女子会向けのお店はさまざま。

美味しい料理と優雅な時間は、仕事を頑張った自分へのご褒美も兼ねているようです。

image by:Photographee.eu/Shutterstock.com

そして第2位は「BBQをする」です。BBQをしたいけれど、手間やその日のファッションも気になるという方に、女子だけでも楽々なレストランでの手ぶらBBQがぴったりです。

食材や機材の準備がいらないBBQセットがそろい、なおかつオシャレな手ぶらバーベキュースポットは、安心して女子会を楽しめるだけでなく、海が見える屋上テラスやラグジュアリーなグランピング体験ができるレストランもりますよ。

また大型連休ならではの「BBQやホームパーティなど、混雑に関係ないことをしたい」という希望も多く、憧れホテルのガーデンテラスまでもBBQを取り入れているいま、贅沢な大人の空間で気軽にアウトドア気分を堪能するのがオススメです。


image by:aslysun/Shutterstock.com

3位には「お酒を楽しむ」がランクイン。時間を気にせずお酒を楽しむことができるのが、長期休暇のメリットのひとつですよね。

いつもの飲み放題コースではタイムリミットがあって不完全燃焼でも、せっかく翌日も休みなこんな機会に選びたいのは、時間制限のないお店です。美味しい料理とお酒が楽しめて、終電後まで楽しめるお店もたくさんあります。

せっかくのGWなら、ほろ酔い気分で友だちとお腹も心も満足な“エンドレス女子会”を開催するしかありませんね。

image by:Patryk Kosmider/Shutterstock.com

そして4位には「旅行をする」、5位には「マチを散策する」がランクイン。「あえて人が多いところに行って、人混みも楽しみたい」といった声も上がっているのがポイントです。

GWならではのイベントも多数開催されるこの機会、どんな人混みでも、友だちと一緒ならとても楽しい思い出になりそうですね。

2019年のGWは10連休というだけでなく、平成から新しい元号に変わる大きな節目のタイミング。振り返っても忘れられない楽しい連休に向けて、たくさんのイベントや素敵なお店をチェックしてみてはいかがでしょうか。

source:PR TIMES

image by:Tom Wang/Shutterstock.com

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

ライター歴14年。美容師として働いていた時に出会った映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に多大な影響を受けライターへと転身、多数の現場取材やインタビューを行う。海外プレミア/レッドカーペット・イベントへ足を運ぶことがライフワーク。

より楽しい連休を。2019年GW「女子会」におすすめの過ごし方TOP5
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい