旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

あの季節がやってきた。スイスのスーパーに山盛りのチョコレート

アルプスの景色でおなじみのスイスにお住まいのojoさん。ご自身のメルマガ「ojoの笑えるスイス生活」で生活や子育てなど、スイスに関することをご紹介しています。今回は、話題のイースターについてスイスからお届けしてくれています。

イースターの風物詩 in スイス

2019年4月21日はイースター。先月あたりから、街やお店もイースターに向けてデコレーションされています。売られている主力商品は、ウサギや卵の形をしたチョコレート。

スーパーでも山盛りのチョコレート。

リンツのウサギチョコ1kgは49.95フラン(約5,600円) 。チョコレート以外にも、デコレーション用の人形などが置いています。

百姓一揆かと思ったね。このようにイースターに染まったスイス。

この季節になると、スイスの2大庶民派スーパーマーケット「Migros(ミグロ)」と「COOP(コープ)」ではこんな商戦が繰り広げられます。

「シールを集めてぬいぐるみをもらおう」的な。これ、日本でいうところの「ヤマザキ春のパン祭り」のようなものなのです。今年のCOOPは蜂のぬいぐるみ。

マーヤちゃうの?

・・・中国の「石影山遊楽園」にいそうなビジュアル。 Migrosは『しゅつどう!パジャマスク』を彷彿とさせる、パワーレンジャー系のウサギたちですが。。。


戦わないよ。

自社製品であるこちらのたまご型のチョコレートを手に持ち、広報活動にいそしむ5匹。 

もう、仮面やマント要らなくない?!

このように、毎年この時期は”ぬいぐるみ”程度のものしかもらえないのですが……。子供達には絶大の人気を誇るこのぬいぐるみ。1人が持って外を歩いていると、「あ!Migroのうさぎ!!欲しい」 と、別の子供たちにどんどんぬいぐるみ欲が波及し、結局大人はシールを集めるためにスーパーへ通うということに。

すごい宣伝効果です。

1体のぬいぐるみをもらうのに、約1か月の期間内に400CHF(約45,000円)分の商品を買えばいいのですが…。

自分が欲しいものが特売に出ているスーパーへお買い物に行きたい我が家。そのため、行きたいスーパーが日によって違うのです。しかし、スーパーでうずたかく積まれているぬいぐるみや、周りの子供が持っているのを見て「欲しい!欲しい!」と騒ぐペマタマ。

こういった要求をのんで、子供達が「欲しがればなんでも手に入る」と思わなようにするためにも、断固として拒否するのが立派な親というものです。

立派な親というものです。。。 

いやぁ、まあいいかなと思って。

次はMigrosの広報ウサギを狙っているペマタマ。近所のMigrosは品揃えが悪いため、あんまり行く気がしないんですよね。。。1体400CHF(約45,000円)買わないともらえないぬいぐるみを2体もらうのに、食品メインのお買い物で1か月の合計支出が800CHF(約90,000円)って大人2人プラス小さな子ども2人で、どんだけエンゲル係数が高いんだよって話です。

しかも、Migrosはアルコール類を置かないスーパーなのでシール集めは結構厳しい。。。

誰かシールだけちょうだい!いや、ぬいぐるみだけちょうだい!

ojoこの著者の記事一覧

スイスのイメージはハイジ?マッターホルン?それともセレブな人々?
ハイジほど波乱万丈な人生ではないし、マッターホルンのように美しくもない、スイス在住ド庶民・ojo目線で、ちょっと笑えるスイス生活やスイスのお話をお届けします。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 ojoの笑えるスイス生活 』

【著者】 ojo 【月額】 初月無料!月額330円(税込) 【発行周期】 不定期

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

あの季節がやってきた。スイスのスーパーに山盛りのチョコレート
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ