旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

レサワで乾杯!名店が集まる話題の「レモンサワーフェスティバル」

TRiP EDiTOR編集部 k
2019/05/17

ここ数年、急速にブームとなっているレモンサワー。その勢いは、一時のハイボールブームにも似た凄まじいものがあります。その背景には、甲類焼酎を使用していて、糖質・プリン体を気にする人でも気軽に飲める点、近年の大衆酒場の再評価といった要因に加えて、インスタ映えという、近年の飲食業界におけるホットワードが大きく関わっているのだそう。

そんなレモンサワーブームを象徴するイベントが、全国で開催されている「レモンサワーフェスティバル」です。4月の東京を皮切りに、名古屋福岡大阪北海道全国5都市で開催。各地の有名店が作る自慢のレモンサワーと、美味しいおつまみが堪能できるんです!

大阪の難波では2019年5月17日(金)〜18日(土)に2日間にわたり開催されるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

各地の名店が集まる「レモンサワーフェスティバル」

image by:編集部

4月5日・6日に行われた東京でのレモンサワーフェスティバル。昨年は歌舞伎町のイベントスペースでの開催だったようですが、今年は会場もパワーアップ!新宿中央公園の「水の広場」での開催でした。

初日の5日は、平日にもかかわらずスタートからたくさんの人が集まっていました。驚いたのが、女性の来場者が非常に多かったこと。赤提灯系の居酒屋で、おじさんが飲むお酒だったレモンサワーが、若い女性の間でも市民権を得た証拠ともいえるでしょう!

image by:編集部

イベントスタートに先駆けて行われた開会式ならぬ「乾杯式」では、EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー、関口メンディーさんがスペシャルゲストとして参加したのだそう。

EXILEといえば、打ち上げでレモンサワーを2500杯飲んだ伝説があるほど、事務所をあげてレモンサワーを愛するグループ。若者に人気のあるEXILEが飲んでいるということも、レモンサワー人気に一役買っているのかもしれませんね。

元祖系に進化系、個性溢れるレモンサワーの数々!

東京会場には全部で7店舗の飲食店が出店。気になった店自のレモンサワーをいくつか飲み比べてみました。

元祖最強レモンサワー/素揚げや 小岩店

image by:編集部

最初に飲んだのは、「素揚げや 小岩店」の「元祖最強レモンサワー」。レモン・甲類焼酎・炭酸というシンプルなスタイルのレモンサワーながら、レモンに仕掛けが!なんと凍らせたレモンで作っており、時間の経過と共に味わいが変化するんです。


レモンを凍らせる凍結レモンサワーの元祖といわれているそうで、会場でも一際長い列ができていました。

おつまみは、「国産和牛100%メンチカツ」。サクサクの衣に、お肉の旨みがギュッと詰まったメンチカツは絶品!揚げ物とレモンサワーの相性は間違いありませんね。

一八レモンサワー/博多うどん酒場 イチカバチカ 恵比寿店

image by:編集部

うどん屋さんからも、こだわりのレモンサワーが!「博多うどん酒場 イチカバチカ 恵比寿店」のレモンサワーは、飲み口にハチミツが塗ってありソルティースタイルで仕上げられた「一八(イッパチ)レモンサワー」。

ゴロゴロと入ったレモンの酸味に、ハチミツの優しい甘さとそれを引き立てる塩がとてもマッチしています。

おつまみは、もちろん同店自慢のうどん!「ゴボ天うどん」は、博多うどんらしいコシの弱い柔らか麺。普段食べ慣れている讃岐系との違いに驚きました。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

レサワで乾杯!名店が集まる話題の「レモンサワーフェスティバル」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい