旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

熱いぞ、アジアの夜。安うまグルメも味わえる「ナイトマーケット」8選

セカイの旅路
セカイの旅路
2019/10/08

近年、日本の旅行者のあいだで、アジアへの人気が高まっています。アジア旅の魅力のひとつに取り上げられるのがナイトマーケット。各国、夜に屋台が並ぶナイトマーケットが盛んに行われています。

昼間にたっぷり市内観光したあと、夜はナイトマーケットで食事とショッピングを楽しむという旅行者も増えているようです。

ただし、旅行者にとっては土地勘がなく、環境などがわからず不安な場所でもありますよね。今回は、日本人が安心して行くことができる「アジアの人気ナイトマーケット」を見ていきます。

ゴアのサタデーナイトマーケット/インド

image by:saiko3p / Shutterstock.com

いまや世界でも有数のリゾート地として人気の高いインドのゴア。ここには、土曜日になるとナイトマーケットが開催されます。雑貨、ご当地Tシャツ、アクセサリー、スパイスなどがずらりと並びます。

image by:saiko3p / Shutterstock.com

このマーケットの特徴は、値段交渉です。交渉次第では、当初の価格の1/3で購入できることもあるとか。また、踊りなどのライブも行われています。毎年開催シーズンがあるため、行く前には注意が必要です。

タラートロットファイ・ラチャダー/タイ

image by:Shutterstock.com

最近、観光スポットとして人気が急上昇しているタイの首都・バンコク。そのバンコク駅から歩いて約3分の場所に、2015年にオープンしたナイトマーケット「タラートロットファイ・ラチャダー」があります。

上からマーケット全体を観ると、とてもカラフル。まるで夜のテーマパークのようです。

image by:asiastock / Shutterstock.com

マーケットは、「雑貨エリア」、「飲食エリア」、「ファッションエリア」、「バーエリア」の4つのエリアにわかれており、グルメ、ショッピング、お酒となんでも楽しめます。月曜から日曜まで毎日営業しており、アクセスのよさから多くの観光客が訪れます。

シカダマーケット/タイ

image by:NANTa SamRan / Shutterstock.com

タイのホアヒン郡にある「シカダマーケット」は、同郡にある3つの有名なナイトマーケットのひとつです。


このマーケットのコンセプトは「若手作家に活動の場を提供する」ことにあります。そのため、ハンドメイド製品やアート作品を中心に売られています。

image by:Tooykrub / Shutterstock.com

一方でフードエリアもあるので、アート作品にあまり興味がない人でも、夜のマーケットの雰囲気が楽しめます。ただし、金、土、日の週末だけの開催なので注意が必要です。アクセスは、ホアヒン中心地から車で約20分ほど。

高校卒業から100カ国近くを旅した元バックパッカー。関西の編集プロダクションを経てフリーに。現在はタイを拠点にフリーの編集・ライターをしています。みんな、旅に出よう!

熱いぞ、アジアの夜。安うまグルメも味わえる「ナイトマーケット」8選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい