旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

9〜10月には見ごろ。東日本エリアの絶景「紅葉スポット」9選

ニッポン津々浦々
ニッポン津々浦々
2019/09/23

乗鞍高原/長野県松本市・岐阜県高山市

見ごろは9月下旬〜10月下旬

image by:Shutterstock.com

乗鞍高原」は北アルプスの南東部にある高原で、ヤマウルシやオオカメノキなどの広葉樹の彩りからカラマツの黄葉にいたるまでの間、紅葉が見られます。

一の瀬の奥には「大カエデ」と呼ばれるコハウチワカエデの大木があり、カメラスポットとして人気。訪れて、ぜひ写真を一枚。

新穂高ロープウェイ/岐阜県高山市

見ごろ:10月上旬〜10月下旬

image by:Supachita Krerkkaiwan / Shutterstock.com

穂高岳の西側にある「新穂高ロープウェイ」では、カエデ、シカラバ、ダケカンバ、ナナカマドなどの紅葉を見ることができます。

ロープウェイが通る鍋平高原には、かけ流しの温泉露天風呂もあり、温泉につかりながらの紅葉見物で、最高のひとときを過ごせますよ。

尾瀬/群馬県片品村・福島県檜枝岐村

見ごろ:9月中旬〜10月上旬

image by:Shutterstock.com

群馬県の「尾瀬」エリア、尾瀬ヶ原や尾瀬沼の草紅葉が9月中旬〜10月上旬に見ごろを迎え、草原が金色に染まります。

それに続いて9月下旬から木々の紅葉が始まり、鳩待峠や御池の近くのブナを始めとして、ウルシやナナカマドも赤く色づきます。

秋を感じたいからこそ、一足先に紅葉を見に行く。そんな情緒感じる旅も素敵ですね。現地はもう肌寒くなっているので、羽織るものを持っていって、思う存分楽しんでくださいね。

  • image by:Shutterstock.com
  • ※本記事は安全性を保証するものではありません。各アクティビティのリスクは各個人で必ずご確認ください
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

本業は某百貨店などのグルメ系イベント企画。日本全国をめぐりすぎて詳しくなってしまったため、紙・Webなど幅広くグルメ・旅行ライターをやっています。

9〜10月には見ごろ。東日本エリアの絶景「紅葉スポット」9選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい