旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

2019年夏の京都で並んでも食べておきたい「かき氷」9選

KYOTO SIDE
KYOTO SIDE
2019/06/30

年々、進化をし続けているかき氷!その勢いはとどまることを知りません~!!

京都では甘味処、和菓子屋さん、フルーツショップ、カフェ・・・と、各専門のプロが腕によりを掛けて作る個性豊かなかき氷がいっぱい。

なかでも編集部が2019年に並んでも食べておきたい、とっておきのかき氷をご紹介します。

果物専門店がプロデュース!贅沢なフルーツかき氷@千馬MIYABI

京都府南部“お茶の京都” 城陽市の果物専門店「フルーツショップ千馬」が果物の本当の美味しさを知ってほしいと始めた、フルーツサンド専門店

パーラーでは、フルーツサンドやパフェ、かき氷などがいただけます。

果物の王様!メロンを1/2個おしげもなく使った「メロンかき氷」1500円(税別)

※メロンかき氷は仕入れ次第で果肉が青肉もしくは赤肉どちらになります

手塩にかけて追熟させたメロン!を贅沢にも半玉まるごと食べられるかき氷。みずみずしい果肉から濃厚な甘さと芳醇な香りが漂ってきます~。

かき氷のシロップはメロン果汁100%、もちろん練乳も自家製にこだわります。

果肉の美味しさを引き立てるシロップと練乳、中に隠れているアイスのバランスの良さは、まさに果物を扱うプロならでは!の実力を感じます。販売期間は6月から8月頃まで。(※販売期間は仕入れ状況により変更の可能性もあります)

まるで宝石をちりばめたような「ミックスじゅーちゅかき氷」1200円(税別)

※ミックスじゅーちゅかき氷の果物は季節や仕入れ状況によって変わることがあります

一度にいろいろなフルーツを味わいたい欲張りさんも大満足!のかき氷。


イチゴ、バナナ、キウイ、パイナップルなどの果肉をミックスジュースにしたシロップは乙女心くすぐるメルヘンチックなピンク色に仕上げられています。

その上に、色とりどりのフルーツが盛り付けられ、さらに氷の中にもフルーツが隠れているのだから驚き!

甘めがお好きな人は練乳やアイスクリームをトッピングしていただきましょう~。販売期間は6月から9月頃まで。(※販売期間は仕入れ状況により変更の可能性もあります)

  • 千馬MIYABI
  • 京都府城陽市寺田袋尻19-1
  • 0774-66-2121
  • JR「城陽」駅から徒歩6分、近鉄「寺田」駅から徒歩13分
  • 定休日:月曜
  • 10:00~19:00
  • 公式サイト

和菓子作りの伝統&技術が光る!エスプーマかき氷@旅籠屋利兵衛

同じく城陽市にある旅籠屋利兵衛は創業百余年、御菓子司松屋の新ブランドとして2017年に誕生したお店です。

看板メニューはバラエティに富んだ「どら焼き」。夏場は4種類のエスプーマかき氷や、どら焼きで包んだ抹茶ソフトクリームがおすすめ♪

 日本一の抹茶鑑定士が厳選した抹茶を使った「エスプーマ 抹茶かき氷」850円(税別)

宇治抹茶の産地、城陽市ならではの逸品です!

エスプーマとは、スペイン語で「泡」という意味。まずはそのまま召し上がれ。ムース状の濃厚な抹茶ソースの奥深い味わいが絶品。

ふわふわ氷と一緒に口に入れた瞬間のシュワッと軽やかな口溶けは、これぞ新食感のかき氷!!

エスプーマかき氷は比較的溶けにくいのもいいところ。その後、抹茶の蜜をかけてみたり、あんこと白玉、抹茶ゼリーのトッピングをしてみたりと、二度、三度、味に変化を付けて最後まで堪能できるのが嬉しいですね。販売期間は4月から10月頃。

1日10食限定!すりおろしマンゴーたっぷり「エスプーマ マンゴーかき氷」1000円(税別)

新作誕生!すりおろしマンゴーをたっぷりと使った濃厚なマンゴーエスプーマのソースと、特製のとろとろマンゴーシロップが相性抜群のかき氷。

ほどよい甘酸っぱさが心地よく、お好みでラズベリーのフリーズドライをかけると甘酸っぱさが倍増&見た目も華やかに。

さらに白玉も加えて味と食感の変化を楽しみましょう。販売期間は4月から10月頃。

  • 旅籠屋 利兵衛
  • 京都府城陽市寺田東ノ口44-54
  • 0774-57-5711
  • 近鉄「寺田」駅から徒歩6分、JR「城陽」駅から徒歩8分
  • 定休日:火曜日(他不定休)
  • 10:00~18:00
  • 公式サイト

8種類ものメニューの中からお好きなものを召し上がれ@甘味のいえ 串竹

奈良まで車で10分足らずという、京都府南部の木津川市梅美台の住宅街の中に立つ甘味処です。

奈良といえば数年前より、かき氷が熱いのですが、こちらはその奈良の名製氷店・日乃出製氷の大和氷を使用したかき氷が通年、食べられます。

7、8月はさらに種類が増え、8種類もの豊富なかき氷メニューが登場しますよ♪

合いがけベリーソースが贅沢! 甘酸っぱ~い「ベリーベリーカスタード」940 円(税別)

見た目から、もうベリー感満点! 粉雪のような、ふわっふわの氷にかけられるのはイチゴとベリー2種類のあいがけソースと上品な生クリーム。

氷の中は木津川市のクローバー牧場で作られる「特別牛乳」を使ったカスタードに練乳蜜、フローズンベリーたち。

甘酸っぱいベリーが日焼けして火照った身体を癒してくれ、食べたら元気がでそう! 販売期間は8月末まで。

一番人気の甘味が、かき氷に! 「氷クリームあんみつ」940円(税別)

串竹さんの人気甘味メニュー「特製クリームあんみつ」が、かき氷に。波照間産の黒糖を使った黒蜜に練乳蜜、濃厚なソフトクリームを詰め、上には自家製あんことフルーツをトッピング。

もちろん、あんみつに欠かせない寒天も四国の天草を使った手作りなのでプリップリの食感が楽しめます。

さっぱりとしたあんこと濃厚ソフトクリームのバランスがたまりません。販売は通年

ピンク色がロマンチックな「あまおう苺クリーム」940 円(税別)

ロマンチックな淡~いピンク色は注文が入る度に作られる、苺のあまおうのソフトクリームと生クリームを合わせた特製ソース。

さらに氷の中には、あまおうのソフトと練乳蜜をた~っぷり詰め、さらに上からいちご蜜のソースをかけて生クリームとイチゴをトッピングした、あまおう苺尽しのかき氷です。

ストックしている、あまおうのソフトクリームが無くなるとおしまい。次はキウイ氷になるそうですよ。こちらも楽しみ~♪ 

  • 甘味のいえ 串竹
  • 京都府木津川市梅美台2-6-9
  • 0774-51-1711
  • 近鉄「木津」駅から奈良交通バス「梅美台二丁目」下車、徒歩 3 分
  • 定休日:日~火曜
  • 11:00~17:30、土曜日は~15:00  ※かき氷は13:00~
  • 公式ブログ

祇園で花街の雰囲気とともに味わう甘味処のかき氷@ぎおん徳屋

赤い提灯が目印、「本わらびもち」が名物の甘味処・ぎおん徳屋は京都市内・祇園の花見小路にある行列必至の人気店。厳選した天然素材を使った手作りの味にこだわります。

 京番茶とレモンでさっぱりと!「お番茶のかき氷900円」(税込み)

氷のまわりにぐるりと輪切りのレモンが添えられ、京番茶の粉をまとったかき氷。こちらは6月初旬から9月末頃までの期間限定商品です。(※その年々の気候で期間が変わります)

番茶と氷砂糖を煮詰めたシロップを食べる直前に少しずつ掛けながらいただきます。

京番茶の香ばしい風味とやさしい甘さがどこか懐かしく、また蜂蜜漬けのレモンと番茶のシロップを同時にほおばれば、レモンティーのような味わいに変化します。

京和甘味の醍醐味を実感「黒みつかき氷」900円(税込み)

通年オーダーできる定番かき氷のひとつ「黒みつかき氷」。

白玉入りの自家製黒みつと、きな粉が別皿で提供されます。コクのある黒みつはとても上品な甘さで、香ばしくほんのり甘いきな粉と最強コンビ!

白玉は、直接氷に添えられていないので硬くならず、作りたての美味しさそのままが嬉しいですね。

  • ぎおん徳屋
  • 京都府京都市東山区祇園町南側570-127
  • 075-561-5554
  • 京阪「祇園四条」駅から徒歩5分
  • 定休日:不定休
  • 12:00~18:00 ※売り切れ次第終了
  • 公式サイト
  • 記事提供:KYOTO SIDE
  • ※掲載時点の情報です。内容は変更になる可能性があります。
KYOTO SIDE

京都をすみずみまで、歩いて食べて見て体験!
「KYOTO SIDE」は、観光、グルメ、イベント情報など、まだまだ知られざる京都府の魅力や情報を発信し共有していく地域情報発信WEBサイトです。

2019年夏の京都で並んでも食べておきたい「かき氷」9選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい