旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

リアル「アバター」の世界へようこそ!中国「武陵源」の奇形世界をめぐる

Haru
Haru
2019/10/24

「武陵源」は、中国湖南省張家界市の北西部にある武陵源山脈にあり、大変豊かな自然に囲まれています。石灰岩などの岩石で構成された大地が雨水や地下水などによって侵食されてできたカルスト地形が、独特な景観をつくりだしています。

そのなかでも特に代表的な「武陵源自然風景区」(張家界国家森林公園・天子山自然保護区・索渓峪自然保護区の3つのエリアで構成されている)は、世界遺産にも登録されています。

そして大人気映画「アバター」の舞台ともなった場所で、「ここは地球なのか?」と思うほどの異世界が広がっています。今回は、そんな魅力たっぷりな武陵源の奇形世界をご紹介します。

武陵源に行くには?

image by:posztos / Shutterstock.com

日本から武陵源への直行便はありません。観光の拠点となる張家界まで、飛行機、列車、バスのどれかを乗り継ぐことになります。いずれもかなり時間を要し、飛行機のみだと乗り継ぎの悪さから翌日到着となってしまいます。

私は、飛行機で武漢まで行き、武漢から中国新幹線で長沙、長沙から張家界までバスという少し複雑なルートを選択しましたが、無事当日着となりました。張家界から「武陵源自然風景区」(武陵源ゲート)までは、バスで1時間。風景区内は観光専用のシャトルバスで移動します。

張家界国家森林公園

image by:Haru

「張家界国家森林公園」は、武陵源自然風景区の西南部に位置し、景区内の核心部です。多くの観光客が最初にここを訪れます。

武陵源ゲートからシャトルバスで百龍エレベーター麓駅まで行き、そこで名所の1つである「百龍エレベーター」に乗ります。エレベーターは326mに及ぶ絶壁に造られたガラス張りのもので、思わず身震いしてしまいます。

image by:Haru

百龍エレベーターで昇ったあと、バスに乗るとすぐに「袁家界景区」「迷魂台」に着きます。展望台から望む奇岩群の眺めは、まるで空から見下ろしているよう。奇岩が立ち並ぶ隙間を縫うように散歩道があるのですが、絶壁に作られた道とあって、こちらもかなりスリリングです。

image by:Haru

そして、こちらで絶対に見逃せないのが「天下第一橋」2つの岩峰の間を幅3m、厚さ5m、長さ50m、高さ400mの岩地が繋げている天然の橋で、まさに息をのむ奇景です。


現在は都内の旅行会社で働きつつ、週末をからめた弾丸トラベラーとして世界各国を旅するアラサー女子

SBIネオモバイル証券 「Tポイントで株を買う」資産運用術とは?ポイ活の新しい出口戦略
SoftBank光 SB光への乗り換えで3.8万円キャシュバック&他社違約金も満額還元中!
保険見直し本舗 プロが無料で教える!無駄な保険をリストラしつつ保障を維持する方法
リアル「アバター」の世界へようこそ!中国「武陵源」の奇形世界をめぐる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます