旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

人気の道の駅「川場田園プラザ」のヒミツは異常なまでの“充実度”にあった

梅原 慎治
梅原 慎治
2019/09/25

田んぼアートのスケールと技法に魅了され、埼玉栃木と紹介してきた関東の田んぼアートですが、群馬でも見ることができるという情報があったため、早速行ってまいりました。

その場所というのは、群馬県利根郡川場村にある、川場村歴史民俗資料館の近くです。ちなみにこの川場村歴史民俗資料館は、超人気な道の駅「川場田園プラザ」の散策ルートに含まれる施設。

今回は田んぼアートにあわせ、これら施設の魅力をご紹介します。

まるでひとつのまち。巨大かつ充実の道の駅「川場田園プラザ」

道の駅川場田園プラザの入口。image by:梅原慎治

川場田園プラザ」というと、“家族で一日楽しめる道の駅”と有名で、実際に何度か訪れた事があり、大変なにぎわいを目の当たりにしていました。

しかし改めて川場田園プラザを調べてみると、その道の駅ですら施設の一部でしかないことを知り、その規模の大きさと、さまざまな施設の存在から“小さなまち”といっても過言ではない場所だなと感じます。

せっかくなので今回は、田んぼアートを含めた川場田園プラザ全体についてご紹介。まずは、お目当の田んぼアートへ。

田んぼアート。新元号を掲げる“かわたん”。image by:梅原慎治
田んぼアートのアイデアと原画。image by:梅原慎治

川場村の田んぼアートは、緑のキャンバスに黒で描かれたシンプルでスッキリとした田んぼアートです。色彩を抑えている分だけ、絵柄がはっきりと映えるのが特徴的ですね。

この田んぼアートのデザインは、川場小学校の児童のアイデアが元となっており、川場村のゆるキャラである“かわたん”が、新元号を掲げているようすなのだとか。


下から見た田んぼアート。何かが描かれているのはわかりますね。image by:梅原慎治
田んぼとふれあい橋の対比。image by:梅原慎治

この田んぼアート、“ふれあい橋”という橋の上から見ることができるのですが、施設規模が大き過ぎて場所がわからずにさまよい歩いたすえ、最終的に川場村民族資料館の職員の方に場所をお聞きしました。みなさんも訪れる際には、事前に橋の場所をチェックしてくださいね。

大規模アートである田んぼアートは、ビューポイントの角度と、崩し度合の塩梅が肝。

高さのある橋の上から見ることができる同所の田んぼアートは崩しが少なく、アートを描く線が明瞭なのも見どころのひとつではないでしょうか。

梅原 慎治

埼玉県生まれ、都内在住のツーリングライター。主に関東近郊を走り周り、美味しい物や良い景色などを見つけて楽しんでいる。趣味としてフルコンタクト系の空手も嗜んでいる。

人気の道の駅「川場田園プラザ」のヒミツは異常なまでの“充実度”にあった
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい