旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ナスカの地上絵超え?世界最大の「田んぼアート」は埼玉にあった

梅原 慎治
梅原 慎治
2019/08/05

近年、国内外で注目を集めている「田んぼアート」は、現在主流とされている稲とは異なる、品種の稲(古代米)の存在により成り立っています。

この古代米とは、一般的に古くから栽培されていた稲の品種のうち、古代の野生種の形質を残した品種をいいます。

なお、遺跡から発見された稲穂などから再現された米も「古代米」と呼ばれますが、今回の古代米とは違う意味となるそうです。

 
青森県田舎館村の田んぼアート image by:斎藤美佳子

田んぼアートに使用される稲は、色毎に大まかな品種が使われており、よく使用される品種だけでも11種類にもおよぶそう。

主な色の品種としては、白:ゆきあそび、黒:ムラサキ905、黄色:黄大黒、赤:べにあそび、オレンジ:あかねあそび、などを用いることが多いとのこと。

そして今回訪れたのは、2015年に「最大の田んぼアート」としてギネス世界記録に認定された、埼玉県行田市の田んぼアート会場である「古代蓮の里」です。

古代蓮会館の通路には歴代の田んぼアートの写真が展示されています image by:梅原慎治

古代蓮の里には50mの高さから地上を見下ろせる展望タワーがあり、一般的な高台よりも高いところから田んぼを見ることできのです。

このため、世界一と認定されるほどの巨大な田んぼアートであっても、一般の見学者が絵として認識して楽しむことが可能です。さっそく、2019年の田んぼアートの様子を見にいってみましょう。

世界最大と認められた、大規模な田んぼアート

 
image by:Shutterstock.com

地上からでは認識できず、飛行機やドローンからの撮影で初めて絵として認識できる大規模な絵といえば、ナスカの地上絵ではないでしょうか。なかでも有名な「ハチドリ」の絵のサイズは、くちばしから尾羽の先端までの長さが約96mなのだそう。


地上から見た2019年度の「令和」田んぼアート。かろうじて判りますね image by:梅原慎治

これに対し、行田市の田んぼアートは1区画50mの幅の田んぼ3区画分、約150mの幅を持ち、高さ(縦)に関しても、横幅と同等以上の長さがありそうです。

このため、地上からではとてもこのアートがどんなものであるのかを認識することができないわけです。実際に地上から見てみると、辛うじて色が違う部分があることが認識できる程度でした。

地上から見た「ラグビーワールドカップ」の田んぼアート。大きすぎて、色の違いぐらいしかわかりませんね image by:梅原慎治

今回、古代蓮の里で見ることができる田んぼアートは、新たな元号である「令和」と、今年日本で開催される「ラグビーワールドカップ」をテーマにしたもの。

姫野和樹選手 image by:梅原慎治
リーチマイケル選手 image by:梅原慎治
田中史郎選手 image by:梅原慎治

「ラグビーワールドカップ」は、日本代表の姫野和樹選手、リーチマイケル選手、田中史郎選手が描かれており、「令和」はその書体を中実に再現しています。

手前の車道を走る車と比べると、田んぼアートの大きさがよくわかります image by:梅原慎治

「令和」の田んぼアートには、4種類の稲、「ラグビーワールドカップ」の田んぼアートには4種類の稲が使われているそうです。

「ラグビーワールドカップ」の田んぼアートの全体像(全体写真のパネル)image by:梅原慎治

例年よりも稲の種類は少ないとのことですが、迫力は例年以上ともいわれています。ちなみに使用されている稲の種類は、緑:彩のかがやき、白:ゆきあそび、黄緑:キヌヒカリ、黒:ムラサキ905、赤:べにあそびだそう。

梅原 慎治

埼玉県生まれ、都内在住のツーリングライター。主に関東近郊を走り周り、美味しい物や良い景色などを見つけて楽しんでいる。趣味としてフルコンタクト系の空手も嗜んでいる。

ナスカの地上絵超え?世界最大の「田んぼアート」は埼玉にあった
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい