旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

やるじゃん群馬。中世ヨーロッパへ旅立つ、美しき「ロックハート城」

梅原 慎治
梅原 慎治
2019/09/26

雰囲気抜群の坂道を進む

お城へ向かう坂道。image by:梅原慎治

お次は、お城へ向かう街並みが再現された坂道へ。脇にはお土産物のショップが立ち並んでいます。

陽気な音楽で気分を盛り上げてくれます。image by:梅原慎治

この日は弾き語りの方がおり、世界感をグッと深めてくれていました。

この通りの雰囲気がとてもよかったです。image by:梅原慎治

城に向かう際には、左手にショップ、右手に森という雰囲気なのですが、自然の緑になじんだ雰囲気がとても居心地良く感じられました。ここでの写真は、あえて視線を外す感じがおすすめですね。

心が永遠に結ばれる?「スプリングベルの塔」

塔から延びる橋の上にも行くことができます。image by:梅原慎治
スプリングベルの塔に絡むツタが良い雰囲気を醸し出しますね。image by:梅原慎治

坂道を上ると、スプリングベルの塔に辿り着きます。

ぜひ恋人と鳴らしてみましょう!image by:梅原慎治
台座中央の穴にコインを入れると、階下の泉へ投入される仕組み。image by:梅原慎治

高さ20mの最上階にある鐘をふたりで鳴らして愛を告白すると、心が永遠に結ばれるそうです。

併設されている教会で結婚式を挙げた方々のプレートが飾られています。中央の筒は、鐘の下から階下の泉まで伸びています。image by:梅原慎治

塔内の階段は狭いですが、上りと下りの階段が異なる2重螺旋構造となっていることから、すれ違いが困難となるようなことはありません。

内壁にはロックハート城の教会で結婚式を挙げたと思われる方々のネームプレートが沢山並んでいます。パートナーと訪れたなら、自分たちのプレートも飾ってみたくなるかも知れませんね。


梅原 慎治

埼玉県生まれ、都内在住のツーリングライター。主に関東近郊を走り周り、美味しい物や良い景色などを見つけて楽しんでいる。趣味としてフルコンタクト系の空手も嗜んでいる。

やるじゃん群馬。中世ヨーロッパへ旅立つ、美しき「ロックハート城」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい