旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

魔法の「脂マシマシ」。外国人がゾッコンになる、日本のスゴいグルメ

寝子
寝子
2019/11/13

多様な食文化を楽しめる日本には、B級グルメや各地の名産品、コンビニ限定商品など、国内ではメジャーでも海外には伝わっていない隠れたグルメがたくさんあります。

なかには日本独自の食材や調理方法について、いろいろな意味で衝撃を受けた外国人も少なくないようです。

今回は、さまざまな出身地の外国人に、来日してスゴいと思ったグルメについてインタビューを実施。なかにはジャパニーズクオリティに驚いたり、インパクトのある食べ物に思わず「え?これが人気なの?」と衝撃を受けた方もいました。

日本人が当たり前のように堪能しているニッポンのグルメについて新たな魅力を知れたので、さっそくご紹介していきます。

こんなに種類があるの?スーパーの「冷凍食品」と「お菓子」/インドネシア出身

冷凍食品といえば、お弁当や時短料理に欠かせない一品。日本人なら誰しもお世話になった経験があるのではないでしょうか。

インドネシア出身の男性によると、来日してからスーパーに並ぶ「冷凍食品」に驚いたのだとか。

業務スーパーの冷凍食品image by:赤池リカ

多民族国家といわれるインドネシアですが、実は売られている冷凍食品は味の濃いフライくらいしかありません。個人的にはあまり美味しいとはいえなかったので、冷凍食品に対してマイナスなイメージを持っていました。

でも日本の冷凍食品はレストラン並みのこだわりの味。僕が行ったスーパーにはインドネシアの焼き飯料理「ナシゴレン」の冷凍食品もあり、しかも本場以上の味で日本の食の豊かさに驚きました。(インドネシア出身/男性)

image by:Atiwat Witthayanurut / Shutterstock.com

日本のスーパーには、餃子やチャーハン、グラタンやからあげなど、本当にたくさんの冷凍食品が販売されています。


私たちにとっては当たり前のように感じる冷凍食品のバリエーションですが、こんなに種類豊富なスーパーは世界でもめずらしいのかもしれませんね。

また、冷凍食品だけでなく、日本のスーパーで売られている「お菓子」についても驚いた経験があるそう。

image by:icosha / Shutterstock.com

僕が知っている限り、インドネシアではお菓子にオリジナリティーがありません。

売れた商品があると他の会社が真似をして、よく似た商品を作ります。なのでスーパーのお菓子売り場に行くと数は多いのに種類が少ないし、同じようなお菓子ばかり。

でも日本のお菓子はどれもそれぞれに特徴があって、毎回「ほしい!食べたい!」と思うものがたくさんあって悩んでしまいます。スーパーで買うお菓子とは思えないレベルで美味しい。

あとコンビニで買うよりも安いので、スーパーでよくお菓子を買っちゃいます!(インドネシア出身/男性)

image by:Ned Snowman / Shutterstock.com

確かに日本のスーパーはお菓子売り場も充実していますよね。毎シーズン季節に合わせた商品が販売されるのも、日本ならではの文化なのかもしれません。

アニメ・漫画・2.5次元・アイドルが趣味のライター寝子。ライター転身前はアパレル販売員やパタンナーアシスタントを経験。持ち前の探求心で旅行情報や国内外の幅広い話題を追求していきます。

魔法の「脂マシマシ」。外国人がゾッコンになる、日本のスゴいグルメ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ