旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ポートランドには珍しい!隠れ家的テイスティングルームに行ってきた

nomooo(ノモー)
nomooo(ノモー)
2019/11/19

こんにちは!「クラフトビール天国」ポートランド在住の東リカです。

今回は、秋も深まるこの季節にもぴったりな“隠れ家的なクラフトビール”のお店に行って来ました。

地下深く、醸造所内にあるテイスティングルーム

今回お邪魔した「アップライト・ブリューイング(Upright Brewing)」は、フランスやベルギーの伝統的なスタイルをパシフィック・ノースウェスト(アメリカ北西部)風にアレンジしたビール造りで知られる、近年注目のブルワリーです。

こちらのテイスティングルームは、ビールの美味しさはもちろん「看板がなくて場所が分かりにくい。しかも醸造所の中にある」と聞いて以来、ずっと気になっていたのです。

お店が入っているのは、ロイド・ディストリクトの1階がカフェのビルの中。建物の奥の方にある矢印に沿って、階段を降りていくと…

もう1フロア下へ…

ようやく到着したかと思いきや、ドアの向こうはまた階段…

「本当にここかな?」という不安感と、「なんだか面白そう!」という期待感が入り混じります。

ドアを開けるとあ、紛れもなくそこは醸造所!!!


噂通り、醸造所の中にあるテイスティングルームにたどり着きました!

秘密基地のような醸造所で作られるユニークなビールの数々に驚き

ビールは、バーカウンターでキャッシュオン形式で購入するスタイル(伝表をつけておいて、後でまとめて支払うこともできます)。

タップ数は12種類で、5oz・12oz・16oz・20ozの他、ピッチャーやグラウラー(樽生持ち帰り用の缶)など、ビールによって多少の差はあるものの、様々なサイズで注文が可能です。

せっかくなので、スタッフにオススメの4種類を5ozずつ集めた試飲セット(フライト)を作ってもらいました。

スタッフがセレクトしてくれたのは、左から樽熟成の桃入りワイルドエール「2019 Fantasia」、18ヶ月間オーク樽で酵母とバクテリアを使ってタートチェリーと共に発酵させたセゾン「Four Play」、オープン発酵で作った「Two Tone」、ジャーマンピルスナー「Engelberg Pilsner」です。

スタッフが一番のお気に入りだというのは、左から2つ目の「Four Play」。かなり癖のある複雑な味わいのビールです。

私が一番好きだったのは……。桃と迷うところですが、一番右のピルスナー「Engelberg Pilsner」。キリリとスッキリ、しっかり苦くて香り高いビールでした。

nomoooは、「新しいお酒のトレンドを創る」を ミッションにした、お酒専門メディアです。
「あなた × お酒をもっと楽しく」をコンセプト に、都内を中心に、味のある酒場や、お酒が楽し くなる飲み方などを紹介しています。

ポートランドには珍しい!隠れ家的テイスティングルームに行ってきた
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ