旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

スシローで価値観が変わった…外国人が驚くニッポンの美味しい寿司

Array
2019/11/27

肉より、魚が好きになった…!/アメリカ出身

好きなネタ:イクラ、エンガワ

image by:赤池リカ

アメリカのお寿司は基本的に鮮度が悪く、ちょっと水っぽいんです。私は母国のお寿司は美味しいとは思いませんでしたが、日本のお寿司は鮮度が良く、新鮮で全く水っぽくないので本当に美味しいです!

アメリカでは基本的にネタやシャリも大きくて、その分味もおおざっぱな気がします。でも日本のお寿司はちょうど良いサイズで食べやすいです。

初めてスシローに行ったとき、回転寿司そのものが初めてだったのでレーンの上にあるお寿司はダミー(おもちゃ)だと思っていたんです。

日本はユニークだなと思いながら席へ向かいながら歩いていると、ほかのお客さんがレーン上のお寿司をパッと取って食べていたので、そのときに初めて本物のお寿司なんだ!となんとなく分かりました。

image by:赤池リカ

ほぼ全てのネタが好きなので、正直、1番好きなネタを選ぶことは難しいですが、イクラはよく食べますね。プチプチとした食感が楽しくて、濃厚な味がするので高級な感じがします。

私は日本のお寿司は世界でナンバーワンだと思いますので、日本に住んでからは、肉より魚の方が好きになりました!(アメリカ出身)

生魚は苦手だったけど、アナゴにハマった!/アルゼンチン出身

好きなネタ:アナゴ、牛塩カルビ

image by:赤池リカ

アルゼンチンはあまり魚を食べる習慣がありません。サーモンやツナは、アルゼンチンでもたまに食べることがあるのですが、母国にある和食レストランのお寿司は、魚ではなく、たまごやスパムのような加工肉のネタですね。なので最初は生魚を食べることにちょっと抵抗がありました。

でもアナゴの美味しさには驚きましたね。ちょっと甘くて、デザートのような感覚です。あのソースが特に好き。

image by:赤池リカ

あと、魚ではないけど、牛塩カルビもよく食べます。アルゼンチン出身の友人とスシローに行ったときにおすすめしたら、友人も牛塩カルビにハマっていました!(アルゼンチン出身)


今回は、9カ国10名の外国人の方にスシローの好きなネタについてお話を伺いました。

お寿司だけでなく、天ぷらや麺類、デザートなど、メニューのバリエーションがたくさんあるからこそ、多様な食文化の方でも気軽に楽しめるのかもしれませんね。

image by:赤池リカ

なかには母国では生魚を食べる文化がなかったけど、スシローのお寿司は新鮮でメニューが豊富だからこそ、いろんな魚を食べられるようになったという意見もありました。

image by:赤池リカ

リーズナブルな価格で好きなものをたくさん食べられるというのは、世界共通で嬉しいポイントのひとつ。

私たちの生活に身近な回転寿司ですが、そのクオリティはあなどれません。ランチで楽しむのも良し、ディナーで楽しむのもよし。みなさんもぜひその味を堪能しに、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

  • image by:赤池リカ
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちら

スシローで価値観が変わった…外国人が驚くニッポンの美味しい寿司
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます