旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

都内で避暑も。アフターコロナで行きたい、全国のおすすめ「渓谷」

Array
2020/07/29

吾妻峡/群馬県東吾妻町・長野原町

image by:photolibrary

吾妻峡」は、吾妻川に架かる雁ガ沢橋から八ッ場大橋までにわたる渓谷で、全長約3.5km。国の名勝にも指定されています。

image by:photoAC

右岸に約1.8kmの探勝遊歩道があり、往復約1時間半です。4月中旬にはミツバツツジ、10月下旬から11月上旬にかけてはカエデやクヌギなど、紅葉の美しさで知られています。

  • 吾妻峡
  • 近隣に駐車場はあり。(台数が少ないためご注意ください)

龍王峡/栃木県日光市

image by:photoAC

栃木県日光市にある「龍王峡」は、鬼怒川の上流、川治温泉と鬼怒川温泉の間の約3kmにわたって続く渓谷です。上流から順に「紫龍峡」「青龍峡」「白龍峡」の3つに分かれています。

image by:photoAC

紫龍峡では紫がかった岩が、青龍峡では青っぽい岩や、そこだけ樹木がない「岩の原」などがあります。

また、白龍峡では名前通りに虹をかける「虹見の滝」、水が竪琴の弦のように幾筋にも分かれて流れる「竪琴の滝」など名所がたくさん。

阿寺渓谷/長野県大桑村

image by:photoAC

木曽川支流の阿寺川沿いにあるのが「阿寺(あてら)渓谷」です。通称「阿寺ブルー」と呼ばれる清流と淵、雨が降ると現れるという「雨現の滝」などがあります。かつては林業の地でしたので、森林鉄道の跡もあります。

image by:photoAC

四季折々に表情を変え、川の深さが浅く感じるほど透明感が抜群。ただし、国有地ということもありキャンプ場以外では火気厳禁。川は自然のままで、美しさにつられて入ると危険なこともありますので訪れた際は注意しておきましょう。

なお、2020年7月18日~8月30日まで車両進入規制中となっています。アクセスは平日限定で「くわちゃんバス」にて、「阿寺渓谷入口」下車(運賃200円)。または、JR野尻駅から徒歩約20分で、渓谷入口へアクセスすることができます。

  • 阿寺渓谷
  • 2020年7月18日~8月30日まで車両進入規制中

いま読まれてます
都内で避暑も。アフターコロナで行きたい、全国のおすすめ「渓谷」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます