絶品ご当地グルメも。ドライブで行きたい日本全国「道の駅」ランキング

第3位 道の駅伊勢志摩/三重県

image by:Miyuki Meinaka / CC BY-SA

道の駅 伊勢志摩」は志摩スペイン村や賢島方面へ向かう途中にある道の駅です。隣接した物産館には、伊勢志摩の海産物がそろっており、シーズンには牡蠣の詰め放題などのサービスも。

レストランでは海産物を中心とした伊勢志摩グルメが味わえるほか、土日祝には、屋外の焼き貝コーナーで浜焼きが楽しめます。

第2位 道の駅 猪苗代/福島県

image by:photolibrary

猪苗代磐梯高原ICから約1分の場所にある「道の駅 猪苗代」では、地元野菜や加工品といた産直品のほか、地元食材にこだわったオリジナルのグルメやお土産が充実。

メインダイニングでは、猪苗代町産のお米を特注の羽釜で炊き上げた「かまど炊きごはん」と、麓山高原豚を使ったカツを組み合わせたソースかつ丼、猪苗代産そば粉天の香を手打ちした蕎麦などが楽しめます。

さらに会津牛のステーキなども堪能できるほか、窓からは雄大な磐梯山の絶景が楽しめるのも魅力のひとつです。

第1位 あ・ら・伊達な道の駅/宮城県

image by:Ebiebi2 / CC BY-SA

第1位に輝いたのは「あ・ら・伊達な道の駅」でした。こちらは国道47号線を鳴子温泉郷に向かう道の途中、大崎地域の中心にあります。同地の地場産品のほか、本州ではここでしか買えない北海道の「ロイズ」のチョコが置いてあり、ソフトクリームも楽しめるのだとか。

また、お米の販売所や、クリームパンが美味しいと評判のパン工房も出店しています。レストランでは、地元の食材にはよるバイキングが楽しめ、スペアリブの屋外店舗も評判です。

今回ご紹介した道の駅は、どこもドライブの途中によるだけではもったいないほど、楽しめるコンテンツが充実していましたね。

最近は新型コロナウイルス感染症の影響で旅のスタイルも変わり始めており、前述した「マイクロツーリズム」が注目を集めています。いま人との密な接触を避け、地元で旅を楽しむ。そして遠方へのお出かけを楽しめるようになったときには、3密を避けた上で、ジモトの魅力あふれる「道の駅」をしっかり満喫したいですね。


  • source:PR TIMES
  • image by:Shutterstock.com
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

本業は某百貨店などのグルメ系イベント企画。日本全国をめぐりすぎて詳しくなってしまったため、紙・Webなど幅広くグルメ・旅行ライターをやっています。

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
絶品ご当地グルメも。ドライブで行きたい日本全国「道の駅」ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます