旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

【速報】2020年5月の訪日外国人数は1,700人、前年同月比で99.9%減少

Array
2020/06/17

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、大打撃を受けた観光業。このコロナ禍以前には、各地でインバウンド需要の取り込み・施策を行っていましたが、現在の訪日外客数はどのような変化をみせているのでしょうか。

2020年6月17日現在、日本政府観光局(JNTO)は、2020年5月の訪日外客数が前年同月と比べて99.9%減1,700人と発表(推計値)。2020年5月の訪日外客数は、8カ月連続で前年同月を下回る結果となりました。

2020年5月の訪日外客数は99.9%減1,700人と過去最少

2020年2月の羽田空港の中国南方航空チェックインカウンター image by:dekitateyo / Shutterstock.com

先月(2020年4月)の訪日外客数が前年同月比99.9%減2,900人だったことからも、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日本国内だけでなく多くの国において海外渡航制限外出自粛などの措置が取られていることが大きく影響していると考えられます。

単月の訪日外客数は、JNTOで統計を取り始めた1964年以降、過去最少になりました。

日本においても検疫強化、査証(ビザ)無効化措置などの対象国が拡大されたことなどが、訪日外客数がほぼゼロに近い数字となる要因となっているといえるでしょう。

アメリカ、オーストラリア、カナダ、イギリス、フランスの5カ国の国別で見てみると、アメリカが100%減の50人、オーストラリアが100%減の10人未満、カナダが100%減の10人未満、イギリスが100%減の10人未満、フランスが99.9%減の20人という結果に。

また、昨年のインバウンド需要を大きくけん引した中国を含む東アジアからの訪日外客数も大幅に激減。中国が100%減の30人、韓国が100%減の20人、台湾が100%減の10人未満。

中国からの訪日外客数は2019年5月は、75万6,365人だったのに対してわずか30人と、ほぼマイナス100%という結果となりました。

今回の訪日外客数からみても、新型コロナウイルスは、わずか半年という期間で日本のインバウンド需要をゼロにしたといっても過言ではありません。インバウンド誘致に力を入れていた日本各地の自治体ふくめ、宿や飲食店なども大きなダメージを引き続き受けています。


しかしながら、最近では「旅行に対する考え方」が変わりつつあり、3密を避けたアウトドアや移動距離の短い近場への国内旅行に注目が集まっています。

今後は、新しい生活様式のガイドラインをもとに責任のある行動をこころがけて、新型コロナウイルスの影響でダメージを受けた観光地を訪れて現地を応援していきたいですね。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅やお出かけに関するトレンドニュースをお届けします。

WebSite / Twitter / Facebook / Instagram / Mail magazine

【速報】2020年5月の訪日外国人数は1,700人、前年同月比で99.9%減少
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます