旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

夜空に走った光の筋。千葉県習志野で観測された「火球」の正体とは

Array
2020/08/29

千葉県船橋市でも発見された、隕石の破片

船橋市で発見された隕石(国立科学博物館)image by:PR TIMES

しばらくして、この「習志野隕石」に関わる動きがありました。なんと、千葉県船橋市にも同じ火球からの隕石が落下していたのです。

見つかった破片は、大きめの95gと73gの2つ、そして小さな5g以下の破片が8つ、合計で183gです。

image by:PR TIMES

これは「習志野隕石」から約1kmほどの距離にあるアパートで屋根の瓦が割れてしまっていたため修理が行われることになり、割れた瓦とともに地面へ落ちている破片が発見されたとのこと。

船橋市で発見された隕石(国立科学博物館)image by:PR TIMES

習志野隕石と同様、千葉県立中央博物館が実物を確認したのち、国立科学博物館によって分析が行われ、こちらからも宇宙線生成核種が放つガンマ線が検出され、隕石だということがわかりました。

今回の火球から放たれた破片は、分裂した隕石がまるで雨のように広範囲に落ちる「隕石雨」だということも判明し、発見された破片以外にもまだどこかに落ちている可能性が高いそう。

色見本 image by:PR TIMES

もしかしたら、千葉県や周辺地域のかたは、何気なく拾い上げた石のかけらが隕石だったということがあり得るかもしれません。宇宙のロマンあふれるこのニュース、近いエリアにて気になる破片を見つけたかたは、ぜひチェックしてみてください。

もしかすると、それは遠い宇宙の記憶を乗せた、思い出の破片かもしれません。

  • source:PR TIMESPR TIMES
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本文に一部誤字がありましたので修正しました(2020/09/04)。
いま読まれてます

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅やお出かけに関するトレンドニュースをお届けします。

WebSite / Twitter / Facebook / Instagram / Mail magazine

夜空に走った光の筋。千葉県習志野で観測された「火球」の正体とは
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます