旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

実は日本初9つ星。世界のVIPも羨む「ホテルニューオータニ」の魅力

Array
2020/09/30

1964(昭和39)年、東京オリンピックの開催に伴いグランドオープンし、2020年で56周年を迎えるホテルニューオータニ

「世界の賓客をお迎えする東洋一の国際都市ホテル」として常に進化を続け、大きな快挙を成し遂げました。

そんな同ホテルは、一流ホスピタリティを持つ場所だけが選ばれる格付けガイド「フォーブス・トラベルガイド」の最新版で、日本初となる計9つの星を受賞

そのうち最高評価の5つ星を獲得した「エグゼクティブハウス 禅」について、魅力を改めてご紹介しましょう。

本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください

和モダン空間で過ごしながら、日本庭園やヒノキ風呂で日本文化の真骨頂を

image by:PR TIMES
image by:PR TIMES

「東京サミット」などの国際会議や、天皇陛下の「即位の礼」「晩餐会」などの舞台としても著名な「ホテルニューオータニ」。

千代田区の大都心に立地し、総客室数は1,479室、レストランは37店舗、宴会場も33部屋という巨大なホテルです。

image by:PR TIMES

そして「フォーブス・トラベルガイド」は、1958年に世界初の星による格付けシステムを導入し創設された、権威あるトラベルガイド。覆面調査員が900にもおよぶ厳格な基準に則りチェックを行い、旅行者に最高の情報を届けています。

image by:PR TIMES

今回、最新となる2021年度の「ホテル部門」格付けで最高評価5つ星を受賞したのが、ホテルニューオータニ内にあるホテル・イン・ホテルエグゼクティブハウス 禅」です。


名称の通り「禅」をコンセプトに、87室の日本文化が結晶し洗練された客室がそろい、2007年にオープンしたホテルです。

image by:PR TIMES

江戸時代に多数取り入れられた色彩だったという墨色、鼠色、金色、紅色などのカラーリングや、日本で古来より使われてきた石、竹、炭、和紙などの天然素材を駆使し、メインテーマの「」を表現した客室は、落ち着きのある高級感でいっぱい。

image by:PR TIMES
image by:PR TIMES

次回の東京オリンピックを見据え、より一層の日本文化を味わえるようにと作り上げられたその名も「新江戸ルーム」では、しっかりとしたヒノキ風呂が登場。

お風呂上がりには日本酒が用意され、日本ならではの風呂文化をじっくりと感じることができます。

image by:PR TIMES

縁側がイメージされているという宿泊者専用の「ZEN LOUNGE」では、大きな窓が開放感にあふれた空間。赤坂御用地や迎賓館、晴れた日には富士山を臨みながら、1日6回行われる「フードプレゼンテーション」を堪能できます。

image by:PR TIMES

バターがたっぷりと香る「ピエール・エルメ・パリ」の特製クロワッサンや、ホテルニューオータニで受け継がれる伝統の「ダブルコンソメスープ」など、極上の景色を眺めながら逸品を味わうひとときは格別。

宿泊時の食事についても、ルームサービスやラウンジ、または館内に4カ所あるレストランから選び、毎朝違う朝食を食べることができるという、連泊しても飽きの来ないサービスが行われています。

image by:PR TIMES

また、ニューオータニのメイン部分も含めると37店舗にもなる和洋中のレストランやバーももちろん利用可能。オールジャンルがそろうため、食べたいものが必ず見つかりますよ。

image by:PR TIMES

店内360度すべてがガラス張りの大きな窓になっているダイニング「VIEW & DINING THE SKY」は、期間ごとにテーマが変わるビュッフェを心ゆくまで堪能することができます。

スイーツまでが完璧にそろう美食たちと、東京がパノラマで視界に飛び込んでくる絶景の組み合わせはまさに天国。

image by:PR TIMES

管総理大臣が愛する「3,000円のパンケーキ」として一躍その名を馳せたパンケーキを食べることができる、ペストリーブティック「パティスリーSATSUKI」も大人気。

ほかにも数え切れないほどのレストランやカフェ、バーでおいしいものめぐりを楽しめます。

image by:PR TIMES

そして、最大の見どころのひとつが日本庭園。古くは加藤清正や井伊直弼の邸宅だった場所で、記念碑も立っています。庭園の歴史はなんと400年という長さにおよび、広さは約4万平方メートルという「東京有数の日本庭園」でもあるのです。

四季折々の木々や花々が咲き乱れる庭園内には、池はもちろんのこと、高さが6mもある大滝や、400年の歴史を渡り歩いてきた時代毎の42基にのぼる灯籠なども配置され、圧巻の一言。東京名園と称されるに相応しい庭園を散歩すれば、タイムスリップ気分も味わえます。

海外からの旅行者はもちろん、日本人から見ても魅力にあふれた「エグゼクティブハウス 禅」。世界が認めた5つ星ホテルで、とっておきの休息を過ごしてみてはいかがでしょうか。

  • エグゼクティブハウス 禅
  • 東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ ザ・メイン 11&12階
  • 公式サイト
  • source:PR TIMES
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

ライター歴14年。美容師として働いていた時に出会った映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に多大な影響を受けライターへと転身、多数の現場取材やインタビューを行う。海外プレミア/レッドカーペット・イベントへ足を運ぶことがライフワーク。

WenSite / Twitter / Instagram

実は日本初9つ星。世界のVIPも羨む「ホテルニューオータニ」の魅力
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます