旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

外国人がショックを受けた、日本の「裏」観光スポットは?週間人気記事ランキング

季節はすっかり秋になり、気になることといえば、そう『鬼滅の刃』です。筆者もすっかりトリコになっており、最新刊まで読んだ上でいまでも「無一郎くん幸せになって…」と心から願っています。

さて今回は、TRiP EDiTORアクセスデータ(2020/11/4〜11/10)をもとに、先週話題になった記事をランキングでご紹介。

いま話題の「聖地」から、秋の夜長のお供にしたいコラムまで、盛り沢山です!

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

【2020年11月度】週間人気記事ランキング(2020/11/4〜11/10)

第5位 ツウだけが知っている、京都の穴場紅葉スポット

image by:PR TIMES

1,200年もの悠久の歴史を誇り、さまざまな文化や芸術が花開いてきた「京都」。ただでさえ美しいその街並みは、秋になると鮮やかに彩られ、壮観な姿に。

そこで本記事では、京都エリアで「これぞツウ!」と唸るような、ディープな紅葉スポットをピックアップしてみました。

image by:PR TIMES

創建は704年といわれ、ほとんどが国の史跡、重要文化財、京都府指定有形文化財などに指定されている、「成相寺」。建築物としても見事ですが、背景に広がる日本三景「天橋立」と紅葉の組み合わせは、まさに絶景。

例年、夜間ライトアップイベントも開催しています。2020年はきょう11月15日まで。詳細は公式ページをご確認くださいね。

第4位 鬼滅ファンなら、一度は泊まってみたい!

大人も子どもも夢中、まさにブームな『鬼滅の刃』。敵役の鬼でさえ、それぞれ複雑なストーリーを背負い、それがまた魅力となっています。

そして鬼のなかでも最強のラスボスが、鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)。その無惨さまでお馴染み「無限城」にそっくりなスポットが、福島県にあるといま話題を呼んでいます。


image by:大川荘提供

吹き抜け部分にある階段、そして朱色の浮き舞台はまるで「無限城」!

作品のなかでも重要な舞台となる無限城は、ファンなら一度は生で見てみたいもの。こちらは福島県にある旅館「大川荘」です。

image by:大川荘提供

あまりにも無限城にそっくりなため、SNSでは「元ネタでは?」といわれていましたが、実際にそのような事実はないとのこと。

その建屋の美しさだけでなく、温泉からグルメまで存分に味わい尽せる、素敵な温泉旅館なのです。

第3位 幻想的で美しい…鬼滅の世界に浸れるイルミイベント

image by:(C)TOKYO MEGA ILLUMI

4位に続き、なんと3位も『鬼滅の刃』!

コミック1巻で最終選抜の舞台となった「藤襲山(ふじかさねやま)」にそっくりなイルミネーションイベントが開催中です。

それが、大井競馬場を舞台に冬季限定の「東京メガイルミ」。

image by:(C)TOKYO MEGA ILLUMI

一般的な藤の花の見ごろは春の4月から5月にかけてといわれていますが、「東京メガイルミ」ならこれからの季節でも、十分に楽しむことができるのです。

なお、2020年11月28日(土)と29日(日)の2日間限定で、コスプレイベントを開催予定。気になるかたはぜひチェックしてみてくださいね。

いま読まれてます
外国人がショックを受けた、日本の「裏」観光スポットは?週間人気記事ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます