旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

進化する道後温泉街に「ミルクチーズケーキ」専門店が新オープン

Array
2021/01/23

「日本最古の温泉」として「日本三古湯」のひとつに数えられ、『日本書紀』や文豪・夏目漱石の代表作『坊つちやん』にも登場する名湯の地である「道後温泉」。

愛媛県屈指の観光地としてさまざまな楽しみがありますが、国内初となる「ミルクチーズケーキ専門店」がオープンしたのはご存じでしょうか。

コンセプトに「湯上りに飲みたくなる、あの牛乳の美味しさ」を掲げるミルクチーズケーキ専門店「道後ミルクチーズケエキ」は、スイーツながら湯上りにぴったりという、新しい味わいが特徴。早速、気になる新名物の詳細に迫ってみましょう。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

カッテージチーズから店内で手作り。すべて愛媛県産の食材を使った珠玉のチーズケーキ

image by:PR TIMES

「道後ミルクチーズケエキ」をオープンしたのは、2020年8月に誕生したばかりの新会社「MEカンパニー」。「道後温泉に道後温泉(愛媛)ならではのお店を」というテーマのもと、旅行者たちに新たな魅力を伝えています。

というのも、道後温泉のメインロードである商店街「道後ハイカラ通り」には、約65店にのぼるお店が軒を連ねているものの、なかには「道後温泉らしさのない商品が並んでいることも少なくない」そう。

この点に着目したMEカンパニーは、「道後温泉でしか味わえない道後温泉ならではの思い出を」と、「道後ミルクチーズケエキ」の開発に取り掛かりました。

直営店としてオープンした「道後ミルクチーズケエキ」で販売されるミルクチーズケーキは、店内にある工房で、毎日ひとつひとつ丁寧に手作りされているもの。

なんと、使用するチーズそのものもお店で作り上げるというこだわりぶり。四国産の牛乳を使用して作られる絶品のカッテージチーズが、おいしさの決め手となっています。

できあがったミルクチーズケーキは、まるで雪球のように真っ白な丸型がとてもキュート。


肝心のお味も、コンセプトの通り入浴後でもスッキリと食べられる爽やかな後味ながら、しっかりとチーズのコクが感じられる仕上がりに。口に入れると、スッと溶けてしまうほどふわふわで、とろける食感がたまらないスイーツとなりました。

お風呂上がりに一気飲みする牛乳の格別さを思い出す、まさに温泉地ならではのミルクチーズケーキは、「みるく」を筆頭に、「丸ごとみかん」「みかん」「コーヒー」「いちごみるく」という、全5種類のラインアップ。

道後ミルクチーズケエキ 丸ごとみかん/480円(税抜) image by:PR TIMES

いちごやみかんなどのフルーツは、厳選された愛媛産だけを使用。なかでも、みかんが丸ごと入った「ミルクチーズケエキ 丸ごとみかん」は、「愛媛といえばみかん」というイメージにバッチリ応える「ご当地チーズケーキ」といえるインパクト。

地元産のヨーグルトを配合し、みかんとの相性をよりアップさせたチーズケーキ部分も絶品。冷凍みかんのように、半解凍の状態でシャクシャクとした食感を味わうのもおすすめです。

道後ミルクチーズケエキ いちごみるく/450円(税抜) image by:PR TIMES

さらに、愛媛県産みかん果汁と皮で作られた「100%愛媛県産みかんソース」をたっぷりと閉じ込めた「みかん」もたまらない一品。

また、ミルクとの相性抜群のいちごを使用した「いちごみるく」も、「あまおとめ」をはじめとした愛媛県産の新鮮な苺のみを使ったソースがたまらない仕上がりです。

「お風呂上がりの牛乳はコーヒー派」というかたにぴったりの「コーヒー」は、まさにコーヒー牛乳を食しているようなチーズケーキ。老若男女問わず人気間違いなしの一品です。

いま読まれてます
進化する道後温泉街に「ミルクチーズケーキ」専門店が新オープン
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます