旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

日本のコンビニは海外とどう違う?台湾人にいろいろ聞いてみた

Array
2021/05/15

セブンイレブンの「ツナマヨおにぎり」(124円)

image by:編集部

「セブンイレブンのおにぎりは美味しいと思います。わたしはよく『ツナマヨ』を買って食べていますね。マヨネーズとツナの割合がベストで本当においしいです。台湾にもあるけど、味がちょっと違って絶対日本のほうが美味しいです」(日本在住歴30年)

「ツナマヨ」のおにぎりといえば人気の具材のひとつ。外国人からの支持も多く、国内外で愛されているおにぎりといっても過言ではありません。

ファミリーマートの「ファミチキ」(180円)

image by:GrumpyDadd/Shutterstock.com

「ファミリーマートの『ファミチキ』が大好きでよく買っています。なぜなら台湾ではファミチキみたいなフライドチキンがコンビニに売っていないからです」(日本在住歴2年)

サクサクッとした衣の食感が特徴的なファミリーマートの「ファミチキ」。定番の人気商品で、食べやすい骨なしタイプ。柔らかくてジューシーな鶏肉の旨みが楽しめることから、ロングセラー商品として愛され続けています。

台湾人が好きなコンビニのお菓子

続いては、コンビニで買える好きな「お菓子」について伺ってみました。スナック菓子からスイーツまで、いろんな商品を伺うことができました。

コイケヤの「カラムーチョ」

image by:PR TIMES

「スナック菓子なら『カラムーチョ』が好きです。ほどよく辛くて、ポテトの旨味もしっかりと味わうことができてバランスの良いお菓子だと思います。

個人的には、スティックタイプのではなく、普通のポテトチップスタイプが好みです!本当に美味しいと思います」(日本在住歴2年)

唐辛子の効いた、辛くておいしいポテトチップス「カラムーチョ」。実は台湾でも販売されている、辛い物好きにはたまらないスナック菓子です。

カルビーの「ポテトチップス コンソメWパンチ」

image by:編集部

「『ポテトチップスのコンソメパWンチ』ですね。コンソメの粉がとても美味しいです」(日本在住歴6年)


カルビーのロングセラー商品「ポテトチップス コンソメパンチ」のコンソメ風味を2倍にした同商品。隠し味に梅肉パウダーが使用されているんですよ。

カルビーの「じゃがりこ」

image by:mokjc/Shutterstock.com

「『じゃがりこ』が大好きです。台湾でじゃがりこは期限が短いので売っていないので残念です…」(日本在住歴5年)

カルビーより1995年から販売されている「じゃがりこ」。さまざまなフレイバーが展開されていますが、お馴染みの「サラダ味」と「チーズ味」は発売当初から続く定番の味です。

ファミリーマートの「冷やして食べるしっとり食感のバウム」(158円)

image by:赤池リカ

「最近ではファミマの『冷やして食べるしっとり食感のバウム』これはとってもおいしかったです!あと、『チョコがたっぷりチョコシュー』と『サクサクとろけるしみチョココーン』もおすすめです」(日本在住歴5年)

生地を1枚1枚丁寧に焼き上げ、しっとりとした食感が特徴の「冷やして食べるしっとり食感のバウム」。筆者も大好きな商品のひとつで、冷やして食べると幸福度が最大限にまであがるファミリーマートの絶品スイーツです。

ほかにもセブンイレブンの「シュークリーム」やファミリーマートの「クリームたい焼きカスタード」など、コンビニならではの絶品スイーツを推す声もたくさんあがってきました。

いま読まれてます
日本のコンビニは海外とどう違う?台湾人にいろいろ聞いてみた
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます