旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

外国人が日本人に思わずイラッとしてしまう、日本語の「禁断フレーズ」

Array
2021/08/18

被ろうな/スペイン語

image by:Shutterstock.com

帽子は普段から被りますか?筆者は子どものころベースボールキャップを被っていました。いまでは日差しが強い日にアウトドア用の帽子を被ります。

しかし思えば、思春期のころは髪型が崩れるからと真夏でもひたすら帽子を被らない時期がありました。親が親切心で「被りなよ」といってきても、反抗して「被らん」とはねのけていたと思います。

とはいえマラガやカディスのような南スペイン、またはバレンシアのように地中海に面したスペインの都市では、いわれる前に率先して被ってしまった方が良さそうです。

特に髪型の崩れを気にする女性は気を付けてください。周りから諭されるように「(帽子を)被ろうな」といわれたら、スペインの通行人が驚いてしまうかもしれません。

image by:編集部

被ろうな」はスペイン語で「Cabrona」に聞こえます。音は「カブローナ」といった感じ。スペイン語・英語の辞書を見ると「bitch」と書かれています。この英単語の意味は、知っている人もいると思いますが、大変失礼な言葉です。

「an insulting word for someone, especially a woman, who is rude or cruel」で「他人に対する軽蔑の言葉、特に失礼または残酷な女性に対する言葉」といった意味です。

帽子を被ってほしいがゆえに、周りは優しく声を掛けたつもりが、スペインでは最低の言葉に聞こえてしまう恐れがあります。

あまりないシチュエーションかもしれませんが、誤解を与えないためにも知っておきたい単語のひとつですね。


いま読まれてます
 国内 はい、チーズ!外国人が驚いた「日本人の七不思議」 ★ 447
 海外 まさかそんなことが…?カナダで日本人が感じたカルチャーショック ★ 122
 富山 住民が減り続ける漁師町でなぜ大人気に?アメリカ人が開業した富山「Bridge Bar」 ★ 314
 国内 外国人がなぜスイカバーにハマる?世界が羨むニッポンのすごい菓子 ★ 167
 カナダ 氷のホテルにお祭りも。冬こそ訪れたいカナダ・ケベック州5つの魅力 ★ 169
外国人が日本人に思わずイラッとしてしまう、日本語の「禁断フレーズ」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます