旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ヤリたくてもヤっちゃダメ!日本と違う海外の意外な「ルール」

Array
2021/07/24

動物も駐車料金が必要?/アメリカ・フロリダ州

image by:Shutterstock.com

アメリカ合衆国は、州ごとに独自の州法が存在しており、アメリカで生活する人たちに大きな影響を与えています。

例えば、「消費税(アメリカでは小売売上税)」も州によって異なるのだとか。モンタナ州やオレゴン州、デラウェア州では消費税が0%ですが、州によっては10%近くの消費税が発生するところも少なくありません。

また、免許を取得できる年齢も州によって違いがあります。このようにアメリカの州法は実にさまざまですが、なかにはユニークな事例の宝庫で、どこを切り取っても突っ込みどころが満載です。

image by:Shutterstock.com

例えば、アメリカ東海岸の最南端にあるフロリダ半島を中心としたフロリダ州には、「象などの動物を駐車場のメーターにつなぐ場合、駐車料金を払わなければいけない」という州法があるのだとか。

この州法はマイアミのビーチ開発の過程で、観光客を楽しませるために路上に動物がアトラクションとして盛んに展示された歴史に由来しているとの話。

image by:Shutterstock.com

ためになる見世物もあれば、ワニ同士に喧嘩させるような残虐な見世物もあったそう。この時代に動物から駐車料金を徴収する州法が生まれて、その州法がいまでも生き残っているのですね。

他にもジョージア州ではフライドチキンをナイフとフォークで食べてはいけなかったり、アリゾナ州ではロバが浴槽内で寝ることが禁止だったり。実にさまざまな州法が存在するみたいです。

いま読まれてます
 福井 凛とした空気に触れる。修行僧が暮らす禅の大本山、福井「永平寺」へ ★ 327
 富山 北陸旅行のお土産に。きき酒師がおすすめする富山の銘酒セレクション ★ 60
 国内 外国人がなぜスイカバーにハマる?世界が羨むニッポンのすごい菓子 ★ 167
 富山 多様性が暮らしを面白くする。富山・井波で建築家夫婦が作る新たな価値観 ★ 267
 国内 奈良と鎌倉、もうひとつは?「日本三大仏」がある意外な県 ★ 803
ヤリたくてもヤっちゃダメ!日本と違う海外の意外な「ルール」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます