旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ヤリたくてもヤっちゃダメ!日本と違う海外の意外な「ルール」

Array
2021/07/24

バケツの水を放置すると罰せられる?/シンガポール

image by:Richie Chan/Shutterstock.com

日本からも近いシンガポール。東南アジア旅行の渡航先のひとつとして人気ですよね。ただ、このシンガポールはユニークな法律や条例がたくさんある国としても知られています。

例えば、日本テレビ『世界一受けたい授業』でも放送されていましたが、シンガポールでは「水の入ったバケツを放置するのは禁止」です。万が一、水入りのバケツを置いていると法律で罰せられるのだとか。

image by:Shutterstock.com

シンガポールは写真だけで見ると清潔でクールな印象がありますが、行けば分かるとおり熱帯雨林気候のど真ん中です。

ほぼ赤道直下のため、マラリアやデング熱が社会問題となっていて、その「運び屋」である蚊の繁殖を助長してしまう理由から上述のような法律が決まっているみたいですね。

チューインガムは法律違反?/シンガポール

image by:Unsplash

他にも有名な例は「チューインガムの禁止」があります。チューインガム自体がシンガポールでは違法で、その違法な食べ物を悪質な形で輸入すると罰金と実刑が科せられます。

チューインガムをポイ捨てすると罰則、というわけではありません。持ち込む時点で罰金の対象になるのです。

以前、シンガポールではチューインガムを公共施設などに貼り付けるイタズラが発生していました。

しまいには電車のドアのセンサーに付けて誤作動を起こさせるといった、いきすぎた行動まで発展したため、チューインガムが禁止されていったという背景があります。

普通の旅行者であれば入国審査の前にガムを捨てるチャンスもありますが、楽しい気分でシンガポールに訪れ、罰金を科せられたら笑いごとでは済みません。あらかじめ旅行で訪れる際には注意しておきたいですね。


いま読まれてます
 福井 凛とした空気に触れる。修行僧が暮らす禅の大本山、福井「永平寺」へ ★ 327
 富山 北陸旅行のお土産に。きき酒師がおすすめする富山の銘酒セレクション ★ 60
 国内 外国人がなぜスイカバーにハマる?世界が羨むニッポンのすごい菓子 ★ 167
 富山 多様性が暮らしを面白くする。富山・井波で建築家夫婦が作る新たな価値観 ★ 267
 国内 奈良と鎌倉、もうひとつは?「日本三大仏」がある意外な県 ★ 803
ヤリたくてもヤっちゃダメ!日本と違う海外の意外な「ルール」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます