旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

日本好きな外国人がハマった「バーミヤン」の一番おすすめのメニューって?

Array
2021/07/14

いろんな国の文化が混ざった「台湾料理」

台湾グルメのひとつ「牛肉麺」image by:Shutterstock.com

赤池:台湾といえば「魯肉飯(ルーローファン)」とか「小籠包」とかのイメージがあります。

リン:ほかにもたくさんありますよ。「牛肉麺(ニューローメン)」とか「臭豆腐」とか、どれもとても美味しくて名前を聞くだけでお腹が減っちゃいます。

赤池:海外旅行へ行ったときって、なぜか無性に日本食が食べたくなっちゃうんですよね。もしかしたらその感覚と似ているかもしれないです。

リン:私はいつも母国の味を食べたいタイプです(笑)そんな台湾料理には、たぶんいろいろな国の食文化が混ざっているような気がします。

赤池:どこの国の食文化が影響してるんですか?

リン:一番は中国料理の影響が多いと思いますが、日本食もそうですし、洋食からの影響もやはり大きいと感じます。例えば「黒輪(オーレン)」という料理は、日本のおでんから由来していると聞いたことがあります。

台湾の「おでん」image by:Shutterstock.com

リン:台湾はいろんな国に統治されたという歴史がありますから、食文化もさまざまです。中国から来た料理も気候とか原材料の問題でちょっとずつ変わっていったと聞きました。なので台湾料理と中国料理はルーツは同じかもしれませんが、独自に進化したのが台湾料理っていう感じですかね。

赤池:なるほど。中国料理と似ているようでちょっと違う。いろんな文化を取り入れて、さらに美味しく進化した台湾料理だからこそ、それを楽しみに各国から観光客が大勢訪れるのかもしれませんね。

台湾人が「バーミヤン」でガチ食べ比べ

撮影時点でのメニューです。image by:赤池リカ

リン:めちゃめちゃ美味しそうで悩んでしまいますね。え〜、全部食べたい。


赤池:写真からすでに美味しそうですもんね。

リン:しかも1品がワンコイン以下のものも多い。安くて嬉しいです。

image by:赤池リカ

リン:あ、「小籠包」は絶対に頼みたいです!

赤池:いいですね。メニューには「辛さレベル」の表記がありますが、リンさんは辛いものは得意なんですか?

リン:もともと辛いものには慣れているので、全然食べられます。どれくらい辛いのかが気になりますね。

image by:赤池リカ

赤池:リンさんにぜひ食べてもらいたい「酢豚」や「回鍋肉」、「麻婆豆腐」なども頼んでみますね。日本人が慣れ親しんだ料理の数々ですが、見ているだけでお腹が減るような料理ばかりです。

リン:メニューを見ていると結構知らない料理もありましたね。これはなんだろう…?

赤池:どのメニューですか?

リン:私は日本に来てから回鍋肉の存在を知ったんですけど、これはまだ食べたことがないですね。あとエビチリも台湾にはありません

いま読まれてます
日本好きな外国人がハマった「バーミヤン」の一番おすすめのメニューって?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます