旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

絶対ムリ!?外国人が考えられないと驚いた「日本のグルメ」ランキング

Array
2021/09/15

第2位 生卵

image by:Shutterstock.com

第2位は、「生卵」でした。海外では魚よりも生で食べる国が少ないそうで、苦手と感じるかたが多い様子。

食中毒になる危険があるので、フィリピンでは『生卵』を絶対に食べません。なので日本人が卵かけご飯を食べる姿を見て衝撃を受けました。日本の生卵なら安心ですが、最初はびっくりしましたね」(フィリピン出身)

「食べる文化がなかったので、いまだに生卵を食べるのは怖いと思ってしまいます」(アメリカ出身)

「母国では生卵や半熟卵は、あたる可能性が高いから食べないようにといわれていますね」(イタリア出身)

いくら日本管理方法が安全とはいっても、母国で食べない方がよいといわれていたものを食べるのは抵抗を感じますよね。

食感に驚いたという声も

image by:Shutterstock.com

また、せっかく挑戦してみたものの、生卵独特のヌルッとした食感がダメだったという人もちらほら。タイ出身の男性は、「生卵のドロドロ感が…」と、初めて卵かけご飯を食べたときの感想を話してくれました。

筆者も白身部分のドロドロ感が苦手で、卵かけご飯は黄身だけで作る派。残った白身は全卵に混ぜて卵焼きにしたりと、もったいないので別メニューで活用します。

無理して食べることはないですが、苦手な食材も調理方法を変えて食べられるといいですよね。

第1位 納豆

image by:Shutterstock.com

生卵に次いで苦手という意見を集め、トップにランクインしたのは「納豆」。昔から外国人が苦手な食材のイメージが強いですが、納豆以外にもネバネバした食材が苦手という声も少なくありませんでした。


「納豆やぐちゃぐちゃした食感の食材はあんまり好きじゃないです。ねちょねちょしている食感に慣れません…」(タイ出身)

「匂いは大丈夫だったけど、それ以上に見た目が…」(韓国出身)

「ニオイとぬるぬるした食感が受け付けなかったんです…」(イタリア出身)

「どうしてもネバネバな食材が苦手でした」(ラトビア出身)

「味が嫌いとかではないんだけど、ネバネバした食感そのものをいままで食べたことがなくて」(アメリカ出身)

日本には、納豆をはじめ、山イモや里イモ、オクラにメカブといったネバネバした食材がたくさんありますが、海外の人はあのネバネバ感やヌルッと感が苦手に思う人も多いのだそう。

「大皿料理」は気を使うから不人気?

image by:Shutterstock.com

今回ランキングに入らなかった苦手な食材・メニューのなかには、意外なものも含まれていました。味や食感だけでなく、気を使うからという理由で避けている料理もあるようです。

大皿料理は周りの人に気を使うから苦手なんです」(イタリア出身)

鍋料理が苦手かな。茹でて食感のなくなった野菜をタレにつけて食べてるのが慣れないです。あとひとつの鍋をみんなでつつくのも抵抗があるんですよね」(フランス出身)

普段、同じ皿に盛られた料理をみんなで食べる習慣がない国にかたからすると、ひとつの器に入っているものをみんなで食べることに抵抗を感じてしまう様子。このご時世、大皿料理は避けられますが、衛生面でいえば今後も懸念すべきポイントかもしれませんね。

いま読まれてます
絶対ムリ!?外国人が考えられないと驚いた「日本のグルメ」ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます