旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

絶対ムリ!?外国人が考えられないと驚いた「日本のグルメ」ランキング

Array
2021/09/15

普段、何気なく食べている日本食。わたしたちはいつも通りの食事でも、慣れていない外国人にとっては想像もつかない未知の味ですよね。

実際に、わたしたちも初めて食べる海外グルメに驚いた経験もあるはず。なかには「美味しくて好き!」と思うものもあれば、「ちょっと苦手だな…」とショックを受けたグルメもあったのではないでしょうか。

そこで今回は、さまざまな国出身の外国人に「日本のグルメ」についてアンケートを実施。苦手な食材や好きな料理など、たくさんの意見を伺いました。まずはランキング形式で苦手な日本の食材・料理から発表していきます。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

第5位 発酵食品

image by:Shutterstock.com

外国人が苦手な日本食の第5位は、「塩辛」「ぬか漬け」といった、日本ならではの発酵食品でした。

「好きな漬物もあるけど『奈良漬け』だけはどうも苦手でした。お酒の匂いが強いからか、口に運ぶことに躊躇しちゃうんですよね」(中国出身)

「ホタルイカの『沖漬け』とか『塩辛』とかが苦手です」(ラトビア出身)

「『ぬか漬け』の独特の匂いと歯ごたえがダメでした…」(フランス出身)

発酵食品が苦手な人は「梅干し」も苦手?

image by:Shutterstock.com

また、同率5位になりそうな勢いで票を集めたのが「梅干し」でした。

「独特の酸っぱさに驚いた」という声も聞こえてきましたが、発酵食品や漬物が苦手と答えた人は、同様に梅干しも苦手な傾向にあるのかもしれません。


第4位 豆腐

image by:Shutterstock.com

第4位は「豆腐」がランクイン。低カロリーで栄養豊富な豆腐といえば、ダイエットや健康維持の強い味方ですよね。味や食感に主張が少ないぶん、いろんな食材との組み合わせが楽しめる万能食材のひとつ。しかし、その控えめな風味ゆえ一部に人には不評な模様。

「豆腐や湯葉などの大豆製品が食べられません。味がないからバリウムを食べさせられているような気分になるんです…」(チェコ出身)

「湯豆腐や冷奴(ひややっこ)など、豆腐そのまんまって感じのメニューが苦手です。味が薄くて食感もあまり感じないから、何を食べているのかよくわからない…」(アメリカ出身)

「冷奴など、あまり味がない豆腐のメニューが苦手です。まずいとは思わないけど、美味しいとも思えないんです」(中国出身)

薄味よりも濃い味がいい

image by:Shutterstock.com

麻婆豆腐や豆腐サラダなど豆腐にしっかり味がついていれば食べられるという声も聞かれ、調理次第では好きという人も。

同じ理由で「こんにゃく」や「はんぺん」が苦手との意見もあり、どちらかというと薄味よりもガツンと味を感じられる料理が好まれるようです。

いま読まれてます
絶対ムリ!?外国人が考えられないと驚いた「日本のグルメ」ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます