旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

嵐山で雅を味わい尽くす。究極のおこもり旅「星のや京都」滞在記

Array
2021/09/18

逗留型リゾートで体験する隅々まで京を感じる粋な計らい

広々とした客室の和室。日がな一日部屋でのんびり過ごすのもあり。image by:小林繭

ともするとこういった贅沢な宿ではどれだけ贅沢におこもりできるかに夢中になってしまいがちですが、なんと言ってもここは京都。おこもり逗留を決め込んでいても、その滞在のすべてに京都の存在が映し出されるのがすごいところ。

ピンと背筋を伸ばして写経にチャレンジしてみるのもあり。image by:小林繭
客室はもちろん庭園エリアなど好きな場所に「野点籠」を持って行って、抹茶を楽しんでみて。image by:小林繭

滞在中には、写経や好みのお香をブレンドして枕香が作れるいかにも京らしい遊びのセットの貸し出しがあったり、お抹茶道具が一式セットされた野点籠野点体験できるのも京らしい粋な計らい。

客室の窓に映るのは完璧な自然のアート。緑のエネルギーに癒されます。image by:小林繭

そして、何よりも感動的なのが窓に映し出される景色の素晴らしさ!ここでは客室でもパブリックスペースでも窓は美しい自然を演出する額縁として見立てられ、四季折々の表情でゲストを楽しませてくれるものとしてあるんです。

ベッドから眺める窓。天井に映し出された葉陰のシルエットの美しさに注目です。image by:小林繭

ベッドに寝転んで窓辺に視線をやれば、樹々の葉が影となり幻想的に風に揺れる姿。雅極まる自然の演出にうっとりと見入りながら夢に落ちる幸せ。はぁ、なんたる贅沢!美の極致!

ライブラリーラウンジの窓。時間帯によってまったく表情を変えるので、見ていて飽きるということがありません。image by:小林繭

今更ですが、なんだかこれってまるでリゾートでの過ごし方そのもの。これまで私にとって京都は歴史のある古い寺町という存在だったので、京都がこんなにもリゾートに相応しい場所であったことはまったくもって新たな発見です。

星のや京都の送迎舟。image by:星のや京都

そんな京気分を究極に盛り上げるのが、舟のアクティビティ。私が滞在したときはちょうど祇園祭のお囃子を舟上で楽しむ「京のお囃子舟」が開催されていました。

image by:星のや京都

これは舟上から祇園の祭囃子演奏を楽しむという京風情あふれるものですが、季節によって紅葉を愛でたり、月見舟となったり、早朝の舟上散歩など趣向を変えて桂川の自然を優雅に楽しめる催しが用意されています。

思いがけないスコールで出会った風景。雨と太陽の光で幻想的に映し出された桂川。image by:小林繭

いま読まれてます
嵐山で雅を味わい尽くす。究極のおこもり旅「星のや京都」滞在記
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます