外国人が思わず激怒!?日本人が海外でしちゃいそうな「NG行動」

Array
2022/02/12

あごをかく/イタリア、フランスなど

image by:Shutterstock.com

次は、あごをかく動作です。軽いアトピー性皮膚炎が筆者にはあり、冬場で肌の状況が悪い日には、マフラーなどがかゆく感じます。手のひらでマフラーをつかみ首から引き離して、その手のままのどからあごの下をかく場合もあります。

しかしその動作は国によっては要注意です。新型コロナウイルス感染症が終息して、自由に旅に出られるようになったら、似たような境遇の人は首をかく際に注意した方がいいかもしれません。

この動作は英語で「chin flick」、フランス語で「la barbe」と呼ばれて、口論の際などに相手を侮辱するジェスチャーに近いからです。

イタリアフランスベルギーチュニジアでは「失せろ」「くだらないやつめ」「困らせるな」などの意味も持つそう。南イタリアでは「NO」の代用にもなるそうです。

何気ない瞬間にやってしまいそうな行動ですが、一応知っておいて損はないはず。乾燥肌を抱えて首がかゆくなる人は、保湿クリームなどをヨーロッパを旅行する際に持ち込んで、首周りのケアを怠らないようにしたいですね。

どうしてもかゆくてかく場合は、誤解を与えないようにかき方に注意してみるといいかもしれません。

このように日本ではOKだけど、世界の国によってはNGとされている行動も意外と多くあります。知らずにやってしまうと、外国人を怒らせてしまう可能性もゼロではありません。

とはいってもお互い違う文化で生きてきた者同士。それぞれのカルチャーに対する理解を忘れないことが最も重要といえるのではないでしょうか。

いま読まれてます

翻訳家・ライター・編集者。成城大学文芸学部芸術学科卒。富山在住。主な訳書『クールジャパン一般常識』、新著(共著)『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日』。北陸のWebメディア『HOKUROKU』創刊編集長。WebsiteTwitter 

 カナダ カナダで愛される定番グルメ。現地の人に聞いた「おふくろの味」は? ★ 70
 国内 なぜ日本発の「ユニクロ」が海外で人気なのか?週間人気記事ランキング ★ 6
 国内 はい、チーズ!外国人が驚いた「日本人の七不思議」 ★ 447
 富山 なぜ富山の山村で?世界的な祭典、「演劇のオリンピック」が開催 ★ 277
 石川 290人の名探偵を輩出。金沢にある日本初の「ミステリーカフェ」 ★ 258
エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
外国人が思わず激怒!?日本人が海外でしちゃいそうな「NG行動」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます