旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

福知山の廃校リノベーション「THE 610 BASE」でいちご摘み&いちごスイーツを楽しもう!

Array
2021/12/30

明智光秀建立の福知山城、そしてスイーツのまちとしてKYOTO SIDEでも何度となく紹介している福知山。今回は、廃校をリノベーションし、いちご摘み体験やスイーツが楽しめる、SNS映えスポットとしても注目の「THE 610 BASE(ムトベース)」に行ってきました!

「THE 610 BASE」ってこんなところ!

JR福知山駅から南東へ車で15分ほどのところに位置する「THE 610 BASE」。黄色いスクールバスがアイコニックで素敵な雰囲気にワクワク。

これぞ元小学校の証!と言える二宮金次郎像も鎮座しています。

中六人部地区の歴史ある小学校をリノベーション

山と田んぼに囲まれた自然豊かなこの場所で、2018年までたくさんの子どもたちの学び舎だった中六人部(なかむとべ)小学校。廃校になってしまったこの小学校をリノベーションし、2020年10月にオープンしたのが「THE 610 BASE」です。

小学校の校舎はそのままに、これからも多くの人たちが集う「基地」となるようにと、「むとべ」の名前と「基地」をもじった「THE 610 BASE(ムトベース)」という名称に。米軍基地やアメリカンビンテージテイストがそこかしこに漂います。

中六人部小学校の看板が残るエントランスをくぐり、受付スペースへ……。

「THE 610 BASE」とは一体どんなところなのか?どんな楽しみ方ができるのか?早速ご紹介していきましょう!

その1 元小学校の校庭でいちご摘み体験!

たくさんの子どもたちが遊び、笑い声でいっぱいだった元校庭がいちご農園に大変身!それだけで、とっても元気で健やかないちごが育ちそうな気がしますよね。ハウスの中は気温が一定に保たれているので、冬でもお天気の良い日は太陽が降り注ぎ快適に過ごせます。

7棟ブチ抜き、2142平方メートルのハウスに約1万5,000株のいちご

7棟ブチ拔きの大きないちごハウスは、広さ2,142平方メートル!約1万5,000株のいちごが育てられています。


ベンチからこぼれ落ちるようにたくさんのいちごが実るシーズンは、ハウスに一歩入るだけで、いちごの甘〜い香りが広がります。ベンチの高さは約1mなので、かがまずに収穫できて楽チン。小さなお子さんでも自分で摘むことができるのでファミリーにも大人気!

12月末〜5月末の期間中楽しめる

今年(2021年)のいちご園オープンは12月21日を予定(2022年閉園日未定。HPにて要確認)。いちご摘み体験は40分間食べ放題なので、自分好みのいちごをお腹いっぱい食べられますよ。さらに、「自分で詰んだいちごを持って帰りたい!」というリクエストにこたえて量り売りもスタート!

紅ほっぺ、章姫、かおり野、3種のいちごを食べ比べ

「THE 610 BASE」のいちごハウスでは、紅ほっぺ、章姫、かおり野の3種のいちごが栽培されています。

味の特徴は、章姫は甘くてちょっと酸っぱい。紅ほっぺはしっかり甘くてしっかり酸っぱい。ん?ちょっとわかりづらい?と思っていたら、わかりやすく教えてくださいました!章姫は甘みが7で酸味が3。紅ほっぺは甘みが5で酸味が5。かおり野は甘みが10。あくまで目安なので参考までに。

1個の苗から最大5〜6本の花が出て咲き、1粒詰むと、どんどん別の場所から実が出てくるそうで、一番実が多いのは3月末だとか。いろいろ食べ比べしてみたいですね。

こだわりの農法で美味しいいちごを栽培

いちごの受粉は蜂の力を借りて行っています。本来この広さのハウスだと8,000匹ものミツバチが必要だとか。ミツバチは人を刺すので、ここでは丸みのある体が可愛いと評判のクロマルハナバチを採用。

よく働くクロマルハナバチ60匹を飼ってハウス内のいちごと共生しています。このハチは人を刺さないそうなのでご安心を。

自然由来の成分を使用した低農薬栽培、井戸水にいちご栽培専用の有機培養土を使用して育てられたTHE 610 BASEのいちごたち。美味しくないわけが無い!思う存分美味しいいちごを堪能しましょ〜!!

【いちご摘み体験】
営業時間:10:00~16:00 ※予約制(下記webサイトor TELにて)
TEL:0773-20-2015(9:00~17:00)
体験料(税抜)
・一般(40分間)7歳以上:2,300円/4~6歳:1,400円/3歳以下:無料
・団体(60分間貸し切り。50名様まで)12万5,000円

オンラインショップ

いま読まれてます
福知山の廃校リノベーション「THE 610 BASE」でいちご摘み&いちごスイーツを楽しもう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます