「宵越しの銭」を持たなすぎて会社が給与を分割払いするフィリピンの国民性

Array
2023/01/14

宵越しの銭は持たない

image by:Phuong D. Nguyen/Shutterstock.com

「銀行に預けるほどのお金もないから、フィリピンではほとんどの人が銀行口座を持っていない。銀行が信用できないというのもあるけど、日払い賃金をもらったらだいたいその日のうちに飲食代で消えます」

収入が少ないからといって、コツコツやりくりしようとしないのがフィリピン人ならでは。給与制の社員も、給料日に貰った給料のほとんどを使い切ってしまう人が多いのだそう。

1カ月分の給料でも後先考えずに使ってしまうので、会社は月2回の給与日を設けて、毎月の給料を分割して支払うのが一般的なのだとか。国民全体が「宵越しの銭は持たない」精神というのはおもしろいですよね。

お金がなくてもポジティブに暮らす

image by:Spectral-Design/Shutterstock.com

お金がなくても大丈夫。みんなあっけらかんとしている。困っているときはお互いさまです」

「みんな助け合いながら楽しく生きてます。人との関わりが強いから孤独を感じることが少ないですね。世界的にみても自殺率が低いのはそのおかげだと思うよ」

自分よりも家族を優先に考えるフィリピン人。お金がなくても助け合って生活することが、ポジティブに過ごせる秘訣のようです。

ただし、治安はあまりよくない

image by:Jeremy Clodfelter/Shutterstock.com

ここまでのエピソードを聞く限り、フィリピン人はおおらかな平和主義者が多いように思えますが、国全体の治安でいうとあまりよくないのが現実。

日本に比べて危険なエリアが多く、盗難や殺人などの犯罪に巻き込まれる可能性があります。なかには、日本を訪れて初めて自国の治安について考えたという人もいました。

「フィリピンは治安が悪いから、高額なものを身につけて歩くのは危険。あと日本のように忘れ物が戻ってくることはまずないです。日本でショッピングモールに置き忘れた携帯がサービスカウンターに届いていたのは奇跡だと思いました」


いままで当たり前だったことも、ほかの国を知ると見方や考え方が変わってくることってありますよね。それは日本にもいえること。

今回のインタビューを通してフィリピン人の一面を知ることができたように、わたしたちも気づいていない日本の一面がきっとあるはず。これからも、世界を学びながら日本の新たな魅力に気づいていきたいですね。

  • image by:Unsplash
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

元々インドア派だったはずが『恋する惑星』でウォン・カーウァイにハマり、初めての一人旅は上海へ。カメラ片手にどこへでも行くアクティブ旅女子になりました。現在は大学院に通いつつフリーライターとして、旅・アート・美容・ファッションをメインに活動しています。

エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
「宵越しの銭」を持たなすぎて会社が給与を分割払いするフィリピンの国民性
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます