安いニッポンに世界から殺到。外国人観光客が次に狙う穴場スポット

Array
2023/08/23

コロナ禍を経て、順調に回復をみせているインバウンド需要。

2023年8月16日、日本政府観光局(JNTO)は、7月の訪日外客数(推計値)が2,320,600人だったと発表。コロナ拡大前の2019年の同月比8割に迫るとの報告もあり、本格的に需要が回復しつつあることがわかります。

「円安」影響でインバウンド需要が増加中

株式会社アスマークが2022年12月に実施した「訪日(旅行)外国人に関する調査」結果によると、現在の「円安」状況が訪日のきっかけを後押ししているとのこと。

円安による訪日への影響 image by:PR TIMES

回答者の4割ほどが円安に影響を受けるなか、「とてもなっている」と回答したのは2割強。

性別でみると、男性は女性よりも「なっている計」が上回っており、なかでも「男性20代」が特に高いことがわかりました。

また、訪日で楽しみにしていることには「日本の文化体験」が最も高く、「自然・景勝地観光」「日本食を食べる・日本の酒を飲む」がほぼ同数で続く結果になりました。

訪日で楽しみにしていた(している)こと(TOP2)image by:PR TIMES

そこで気になるのが、「今外国人観光客に人気のある国内観光スポット」について。

実際にここ1年間のうちに日本旅行を楽しんだ外国人にアンケートを取ってみたところ、最近は観光ガイドに載っているような定番の観光スポットよりも、日本人の普段の生活に近い場所を目当てに旅行を楽しむ外国人が増えていることがわかりました。

最近の外国人旅行者は「穴場スポット」に注目

日本人にとってはいつでも行けるような場所でも、海外の方からすれば特別な場所。熟練の旅行者たちこそ、次々と興味深い場所を見つけているようです。


今回はアンケート結果から、外国人観光客が「あそこは『穴場スポット』だった」と感じた場所をご紹介。日本人の「日常」に触れる外国人のリアルなコメントをチェックしていきましょう。

地元人も気づかない?「東京」の穴場は「商店街」にあり

下町レトロな街並みの「谷中銀座商店街」image by:photoAC

「日本旅行で穴場だと思ったところは、谷中銀座商店街です。日暮里駅から近く、なんとなくレトロで、下町の風情を味わえたのがとても印象に残りました。お土産は浅草の雷おこし。日本の物を食べ慣れない私の父も『おいしい』と、とても喜んでくれました」(42歳/フランス)

「東京の谷中銀座商店街は穴場です。レトロな雰囲気の中に新しいお店があり、いろいろなものが売られていました。特に猫グッズが多くて可愛かったです」(30歳/アメリカ)

「日本には、地元の人だけが知っているような穴場の観光地が多くあります。根津神社のつつじ苑は海外のニュースで知りました。

他にも菖蒲園(しょうぶ園)や新高円寺周辺の妙法寺など、現地では特に積極的に宣伝されておらず、海外のブログなどで紹介されたことで注目を集めています」(台湾、29歳)

「穴場スポットかどうかわかりませんが、浅草の抹茶アイス専門店「壽々喜園」ですかね。日本人の友達に教えてもらいました。地元でも知らない人が多いらしいです。抹茶アイスは苦味がなくておいしかったです」(23歳/台湾)

井の頭公園 image by:Shutterstock.com

普段私たちの生活に溶け込んでいる公園や商店街など、日常の風景に魅力を感じている方が多いようですね。

「東京の吉祥寺です。下町らしい雰囲気が残っていて楽しかったですし、井の頭公園井之頭恩賜公園など自然も豊かでした」(28歳/カナダ)

 


グルメ天国「九州」でおすすめの観光地

お好み焼き image by:Shutterstock.com

グルメ天国というイメージが強い九州地方では、どんな場所が穴場スポットと感じられていたのでしょうか。

「意外と日本人に知られていないのでは?と感じたのは、広島にある「お好み村」という場所です。お好み焼き屋さんが集まっているビルで、いろいろな種類のお好み焼きを食べることができます。私はチーズや海鮮や肉などを入れたお好み焼きを食べて大満足でした」(25歳/アメリカ)

福岡の海の中道は意外と穴場だと思いました。人はそこそこいるものの、博多や太宰府などに比べると少ない。自然の中をサイクリングできたり、水族館や動物園などもあって子連れの家族には十分楽しめるところだと思います。お土産では、筑紫もちが好評でした」(30歳/韓国)

人が少ない今がチャンス!「離島」の穴場スポット

鹿児島県種子島 七色坂展望所からの景色 image by:Shutterstock.com

日本で南の島を楽しみたい人には、大人気の沖縄だけでなく、穴場として楽しめる「島」の話題も挙がりました。

「主人と『種子島は穴場だったね』と盛り上がりました。海は素晴らしくきれいで、人も少ない。行政だけでなく、住民の方や訪れる人みんなが “ビーチをきれいに保つ” 習慣が浸透している部分にいたく感動しました」(37歳/スペイン)

東京や大阪、京都などのトップ観光名所を巡ったからこそ感じられた穴場として挙がっていたのが、日本海側の地域。豊かな自然に育まれた食材の美味しさに感動を覚えた、という声が寄せられています。

「日本で穴場だと思ったのは日本海側の街です。少し曇天で雪が降っていましたが、東京・京都・大阪に比べて観光客はそこまでたくさんおらず、食べ物も美味しくて感動しました。

どこで買ったのか忘れましたが、オリーブのシュガーコーティングをしたグラッセのようなものがとても美味しかったです」(40歳/ニュージーランド)

オフシーズンに行きたい。季節の「穴場」スポット

image by:Shutterstock.com

一見すると穴場とは思えないような人気のスポットは、オフシーズンに観光することで穴場として楽しめる方法を伝授してくれた方も。スキーに限らず、たくさんの場所で使えそうな方法です。

北海道の春スキーがおすすめです。東京は暖かかったですが、北海道に行けば、まだ冬が楽しめます。

12月~1月は混んでいますが、春のスキーは空いているのでおすすめ。北海道のシマエナガをモチーフにしたキャラやお菓子がたくさんあって、可愛くてたくさん買ってきました」(38歳/アメリカ)

本命の「京都」は、自然を感じる「日常」スポットが人気

最後に紹介するのは、日本旅行の大本命「京都」です。

国内旅行でも常に人気を博している観光スポットの穴場情報はぜひ知っておきたいものですが、外国人の方々はどんな場所やお土産に魅力を感じたのでしょうか。

トロッコ列車 image by:Mei YiShutterstock.com

「京都の嵐山です。竹林や渡月橋などの観光スポット以外にも魅力的な場所がありました。渡月橋から少し歩いたところにある「嵐山モンキーパーク」では、野生の猿に餌をあげることができます。また、「嵐山トロッコ列車」では、美しい景色を楽しみながら列車に乗ることができました」(28歳/カナダ)

「京都は観光業が盛んで、英語のガイドブックはもちろんデジタルの情報もたくさんありますが、地元民しか知らないような、自然豊かな「大原」や、朝の「錦市場」なども魅力です」(インド)

錦市場 image by:Shutterstock.com

「2泊3日で有名な金閣寺、清水寺、銀閣寺など、いろいろな場所を訪れました。でも残念ながら、大雨で…。そんなとき乗ったタクシーのドライバーさんが、屋根付きの商店街に連れて行ってくれました。おかげでさまざまな日本のお土産を買うことができて嬉しかったです」(フランス)

image by:gnoparus/Shutterstock.com

「京都で買った抹茶味のバウムクーヘンがおいしくて感動。海外のサイトでも紹介されてないから穴場かも。抹茶の風味が強くて美味しかったですし、見た目も緑色で可愛かったです」(28歳/カナダ)

「京都のお土産なら抹茶味のキットカットがおすすめです。抹茶好きな友人にも喜ばれました」(30歳/アメリカ)

今回は、日本旅行を楽しんだ外国人に、今、外国人観光客に人気のある国内観光スポットとして「穴場」情報を教えていただきました。

日本人の日常を感じられる場所や商店街グルメなど、身近なスポットが穴場として注目されているようですね。外国人の方々が見つけた穴場は、私たちにとっても新発見の名所となりそうです。

いま読まれてます

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちら

エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
安いニッポンに世界から殺到。外国人観光客が次に狙う穴場スポット
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます