ここで1週間過ごすのが夢…この冬いきたいラグジュアリーホテル5選

過ごしやすい秋が一気に過ぎ去り、季節はすっかり冬ですね。そうともなれば思いっきり冬の絶景を楽しめる場所か、はたまた暖かい地域で思う存分リフレッシュしたくなります。

90カ国以上・520軒以上の独立系ラグジュアリーホテルが加盟する「スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(以下:SLH)」が、日本の冬の魅力を存分に体験できるおすすめの旅行先5選を発表しました。

雪景色だけでなく、この季節だからこそ行きたくなる暖かい地域もランクイン。さっそくご紹介していきます。

シャレーアイビー定山渓 /北海道札幌市

北海道の中心に佇む、贅沢と冒険が融合する冬の楽園、「シャレーアイビー定山渓(じょうざんけい)」。

image by:PR TIMES

北海道を代表するホテルであり、本物の冬の魅力を満喫できるSLHの自慢の宿です。ここでは、暖かい空間で心からくつろげるだけでなく、同ホテルならではの特別な体験も味わうことができます。

定山渓は天然温泉に恵まれ、ホテル内のプライベート温泉付きの各個室や、さまざまなアクティビティが楽しめる場所です。スリリングなスノーモービルのアドベンチャーや、北海道の美食を満喫できるファインダイニングもおすすめ。地元の味覚や旬の食材を使った料理が楽しめます。

スタッフは、ゲストが特別な滞在を過ごせるよう最高水準のサービスを提供。スノーボードやスキーの愛好者、日本文化や旅行が好きな方、あるいは冬の寒さから逃れてほっと一息つきたい方にとって、忘れられない冬の体験ができること間違いなしです。

  • シャレーアイビー定山渓
  • 北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目231
  • 011-595-2888
  • JR札幌駅から車で約50分
  • SLH公式サイト

カサラ・ニセコビレッジ・タウンハウス/北海道虻田郡

冬の楽園「カサラ・ニセコビレッジ・タウンハウス」は、ウィンタースポーツ愛好者に贈る特別なリゾート。

image by:PR TIMES

このタウンハウスの最大の魅力は、スキーイン・スキーアウトの至便さ。滞在中、ゲストは豪華なタウンハウスから直接、ニセコのスロープへと、ストレスなく足を運べます。モダンで快適な空間が伝統的な日本の美意識と融合し、滞在中にくつろぎと満足感を提供しています。


特別な体験を求める方には、カスタマイズされたスキーとスノーボードのコンシェルジュサービスが用意され、スキー・スノーボードグッズのレンタルにレッスン、スキルに合ったスロープのアドバイスなど、細やかなサポートが受けられます。

同施設は、ウィンタースポーツの愛好者だけでなく、日本文化を愛する方にも評判を呼んでいます。伝統的な日本の懐石料理を味わい、日本の料理の伝統的な美味を楽しむことができる、心地よい宿です。

  • カサラ・ニセコビレッジ・タウンハウス
  • 北海道虻田郡ニセコ町北山温泉
  • 0136-44-2211
  • 新千歳空港から車で約120分
  • SLH公式サイト

軽井沢プリンスホテル イースト/長野県北佐久郡

軽井沢といえば、夏の避暑地として知られる場所ですが、「軽井沢プリンスホテル イースト」は、冬の静寂と美しさを満喫できる理想的なロケーションが魅力です。

image by:PR TIMES

同ホテルは「軽井沢プリンスショッピングプラザ」に隣接し、ショッピングやダイニングを楽しむだけでなく、長野県独自の文化に触れることもできます。軽井沢の街をのんびりとめぐり、歴史ある建物やクラシックな店、楽しいカフェにギフトショップ、そして美しい自然を堪能しましょう。

リラックスを求める方には、リゾート内にある豪華なスパや温泉で心身をリフレッシュできます。

一日探索をした後は、ダイニングで、長野県の新鮮な食材を使った日本と国際料理が融合したメニュー事に舌鼓。冬の隠れ家での静かな時間とリラックスのバランスがよく、ゆったりと探索を楽しむ方に最適な場所です。

  • 軽井沢プリンスホテル イースト
  • 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1016-75
  • 0267-42-1111
  • JR北陸新幹線 軽井沢駅下車。徒歩約10分。
  • SLH公式サイト

いま読まれてます
エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
ここで1週間過ごすのが夢…この冬いきたいラグジュアリーホテル5選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます