ジャパニーズコスメが大人気…日本に来た台湾・香港人が購入した「化粧品」ランキング

Array
2024/05/11

驚異的な円安が手伝って、いま激増している海外からのインバウンド観光客。さまざまな国から旅行客が訪れていますが、中でもトップクラスなのが「台湾」。観光庁による2023年の訪日外国人消費額でも、7,786億円で首位を獲得しています。

そこで今回は、台湾人・香港人向けの訪日観光情報サイト「樂吃購(ラーチーゴー)!日本」が行った「日本で購入した化粧品」ランキングをご紹介します。今年の春節(旧正月)に訪日した台湾人・香港人から人気を集めたアイテムについて、早速チェックしてみましょう。

日本でも大人気の定番ブランドが集結!お土産にもぴったりなアイテムたち

4位 メンソレータムのハンドクリーム

「メンソレータム ハンドベール ハリつやバリアクリーム」/660円 image by:編集部

4位にランクインしたのは『メンソレータム』の「ハンドクリーム」。日本でも定番の人気を誇るアイテムですが、ドラッグストアなどの売り場でも比較的大きめの面積が取られているため、手に取りやすい一品となっています。今回手に取ってみたのは、ハリつやに特化した「メンソレータム ハンドベール ハリつやバリアクリーム」です。

誰もが見たことあるであろうシンボルキャラクターの「リトルナース」image by:taffpixture/Shutterstock.com

1894年のアメリカで誕生し、1920年代には日本をはじめ台湾にも代理店が置かれるなど、広まっていったメンソレータム。1951年から採用されているシンボルキャラクター「リトルナース」は、現在もアイコン的存在としてパッケージに登場しています。

『メンソレータム』らしいすっきりした香り image by:編集部

日本は商標専用使用権を持ち、今では39ブランド、216製品以上のアイテムを展開。ハンドクリームの中心的存在となる「ハンドベール」ラインは、香りやテクスチャー、効能も多岐に渡っているため、選ぶ楽しみもありそうですね。気になるアイテムのご購入はこちら

4位 メラノCC

特に人気の「メラノCC 薬用 しみ 集中対策 美容液」/1,210円 image by:編集部

同率で4位を獲得したのは『ロート製薬株式会社』が発売している「メラノCC」。洗顔、化粧水、乳液、クリームといったベーシックなスキンケアアイテムはもちろん、突出した人気を見せているのが美容液シリーズです。

image by:編集部

SNSを中心に人気が爆発したメラノCCのアイテムは、「メラノCC 薬用 しみ 集中対策 美容液」を筆頭に、リーズナブルなプライスでありながら効果が抜群と口コミで大拡散され、一時は入手困難になったほど。

さらさらで肌馴染みのいいテクスチャーが使いやすい image by:編集部

コロナ禍でのマスク生活などで肌が荒れがちだった女性を中心に、美白やしみ対策として、今や一時的なブームではなく定番人気となったメラノCC。日本での人気を見て、海外旅行客も手に取っていることが推測できます。実際に使ってみたいと思った方はこちらで購入が可能です。

4位 FANCLの化粧品

image by:TY Lim/Shutterstock.com

無添加の化粧品を作り続ける『FANCL(ファンケル)』の「化粧品」が同率の4位に登場。日本で生まれたブランドであり、徹底的に品質にこだわっているのが魅力。食品やサプリメントなど健康アイテムも手掛けていますが、化粧品は最も安定した人気を獲得しています。


「洗顔パウダー」/1,320円 image by:編集部

1981年に「ジャパンファインケミカル販売株式会社」として誕生して以来、現在に至るまで定期的に大ヒットアイテムを生み出しているファンケル。中でも「洗顔パウダー」は大流行となりました。

「マイルドクレンジングオイル」/1,870円 image by:編集部

現在も「マイルドクレンジングオイル」を筆頭に、爆発的な支持率を誇るアイテムがいっぱい。すべてが肌荒れリスクの少ない無添加のため、海外でも安心して購入可能。日焼け止めやシャンプー&トリートメント、メイク用品にベビー用品、メンズ化粧品までそろっています。人気商品の洗顔パウダークレンジングオイルはこちらからチェック。

いま読まれてます
エアトリインターナショナル コスパが高いLCC「ジェットスター」直行便でラクラク!ケアンズで大自然の癒やしを満喫しませんか?
ジャパニーズコスメが大人気…日本に来た台湾・香港人が購入した「化粧品」ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます