旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

沖縄オヤジの幼少時代が蘇る「沖縄こどもの国」がとってもニッチ

伊波 一志
伊波 一志
2016/03/26
沖縄オヤジの幼少時代が蘇る「沖縄こどもの国」がとってもニッチ
大東犬

動物園には、哺乳類から鳥類、魚類に爬虫類まで約200種類もの動物たちがいます。ゾウ、キリン、ライオン、カバ、サル、カンガルー、オオアリクイなどのメジャーな哺乳類からカエル、ヘビ、イグアナ、鳥類や昆虫などもいます。その他、沖縄ならではの与那国馬琉球犬、おもしろいのではアグーなどもいます。

沖縄オヤジの幼少時代が蘇る「沖縄こどもの国」がとってもニッチ

そして、この動物園の一番の魅力は、なんと言ってもゾウ・キリンにエサあげが体験できるところ。ゾウやキリンにエサをあげるのはちょっと怖いなという方も、飼育員の方がそばにいるので心配無用です。ゾウが草を長いお鼻でちぎってばくばく食べている姿は迫力があって見ごたえ満載。エサあげ体験ができる曜日と時間は限られていますので、運よくエサあげに遭遇した方は、ぜひ一度体験を。

沖縄オヤジの幼少時代が蘇る「沖縄こどもの国」がとってもニッチ

ヒヨコの抱っこやモルモット・ウサギのエサあげが体験できる「ふれあい広場」も見逃せないですよ。ヒヨコは手の中ですぐ眠ってしまうのですが、かわいくてたまんないです。時間がないとき、僕の子供たちは「ふれあい広場」だけで遊んで帰る、なんてこともあるくらい子供たちに大人気のスペースです。

子どもの知恵と感性を刺激する!

沖縄オヤジの幼少時代が蘇る「沖縄こどもの国」がとってもニッチ

次は、ワンダーミュージアムの見どころです。『理解と創造は驚きに始まる』、これがワンダーミュージアムのコンセプトだそうですが、チルドレンミュージアムとして沖縄初で沖縄唯一のワンダーミュージアムでは、実際に触れて体験する事ができるハンズオン展示、子供たちの知恵と感性を刺激するワークショップなどが体験可能となっています。

伊波 一志

1969年、沖縄生まれ。写真家。香川大学法学部卒。
2007年夏、44日間で四国八十八カ所1,200kmを踏破。現在、沖縄県在住で、主に『母の奄美』という作品撮りのため奄美大島を撮影中。家族は、妻と三人の子。

沖縄オヤジの幼少時代が蘇る「沖縄こどもの国」がとってもニッチ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 沖縄 80歳も通い詰めるファストフード。沖縄でA&Wのルートビアが愛される理由 ★ 15
 沖縄 8日間風呂なし男の心も洗われた、沖縄でたったひとつの銭湯へ赴く ★ 5
 沖縄 こんなフードコート見たことない!沖縄のアメリカ人御用達スポットに注目 ★ 81
 沖縄 その前で、悪口厳禁。沖縄人が祀り拝む古来からの神様「ヒヌカン」 ★ 114
 沖縄 なんみんさんは、ご利益だらけ!お正月もちゃんぷるーな沖縄・波上宮 ★ 1
 沖縄 まだ誰も知らない幸福の崖。完璧すぎる沖縄のパワースポットを訪れる ★ 65