ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

変なホテルだけじゃない!最先端が集うハウステンボス春の見どころ

松崎 桃子
松崎 桃子
2016/03/19

昨年、ロボットが活躍する「変なホテル」で話題となったハウステンボス。フロントやポーターなどの業務にロボットを導入した姿はメディアでも話題となりました。今年3月には「変なホテル」の隣に2期棟も完成。新しい太陽光発電システムを導入したり、宿泊施設としては国内初の九州産スギを材料とした新建材・CLT(クロス・ラミネーテッド・ティンバー)を使うなどエコにこだわっています。

見事な復活劇のハウステンボス、2016年春の見どころは?

sub7変なホテルだけじゃない!最先端が集うハウステンボス春の見どころ

かつては赤字続きの経営不振で廃業寸前の危機に陥ったハウステンボスですが、2010年に大手旅行会社「エイチ・アイ・エス」が買収すると、短期間で再生を果たし、見事に復活。インバウンド観光誘致も成功し、創業以来最高益を出しています。スマートでユニークな打ち出しで国内外から多くの人を魅了し続けるハウステンボス。今回はこの春、いつも以上に楽しめる催しをご紹介します。

「ハウステンボス イースター」が初開催!

変なホテルだけじゃない!最先端が集うハウステンボス春の見どころ

日本でも徐々に盛り上がってきたイースターに関するイベントが3月25日(金)からスタート。ハウステンボスもイースターデコレーションに変身します。日本一となる1万個のイースターエッグが吊り下げられた「イースターエッグツリー」が登場するほか、隠されたイースターエッグを探し出したりスプーンを使ってコースを転がしたりして競争する「エッグハント&ロール」など、イベントが盛りだくさんです。

春の到来をセレブレイト!オランダといえば、花!

変なホテルだけじゃない!最先端が集うハウステンボス春の見どころ

4月16日(土)から5月9日(月)まで「花の大祭典」を開催。国内外で活躍するフラワーアーティストによる作品が展示され、花のアートが展開。またアムステルダム広場には花で作られたピアノのオブジェが登場し、生演奏のクラシックやポップスなどを楽しめる音楽祭が行なわれます。3月下旬から4月25日までは、九州最大級の芝桜も見頃を迎えるタイミングなので特にオススメです。

松崎 桃子

東京生まれ。構成作家、ライター。
パリ第8大学造形美術学部修士課程終了。パリ滞在を経て、自分が生まれた日本をもっと知りたい!と思うようになりました。特に芸術祭が開催される場所を巡るのが好きです!

変なホテルだけじゃない!最先端が集うハウステンボス春の見どころ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 長崎 「ウニ」増えすぎで漁協もトホホ。長崎の海を「食べて」守る作戦 ★ 263
 鹿児島 「ぶり奨学金」でお父さんも幸せ。日本一若い副町長の長島町改革 ★ 215
 長崎 【無人島通信】草刈りだってサバイバル!田島の無農薬野菜を育てる男の話 ★ 1
 埼玉 はぁ〜いい湯だな♪全国対抗、カピバラの長風呂対決がかなり癒される ★ 30
 佐賀 それで…世界遺産どこ?佐賀県の三重津海軍所跡が見えなさすぎて話題 ★ 68
 九州 九州に蘇る幻の客車が秘めるロマン。「或る列車」が今蘇ったわけ ★ 147